Android(>アンドロイド)ニュース

2013/04/19 Android(アンドロイド)ニュース

【ニュース】ソニー、Wi-Fi版『Xperia Tablet S』のAndroid 4.1.1を含むソフトウェアアップデートを提供開始

ソニー株式会社は19日、2012年9月発売のXperia Tablet S(Wi-Fi版)に対してAndroid 4.1.1を含むソフトウェアアップデートの提供を開始した。
対象となるのは「SGPT121JP/S・SGPT122JP/S・SGPT123JP/S」の3モデル。

今回のアップデートによりAndroid 4.0から4.1にアップデートされるほか、アプリの追加や更新が図られている。
アップデートはWi-Fi環境下で行うことができ、内蔵ストレージの空き容量が300MB以上必要となる。



ICSからJelly Beanに

Android 4.0(Ice Cream Sandwich)からAndroid 4.1(Jelly Bean)にアップデートされることで、Google Nowやロック画面でのウィジェットなどが利用できるようになる。

【主な変更点】

    アプリケーションの更新

  • 「ムービー」「アルバム」「WALKMAN」アプリ共通の更新:DLNAのコントロール機能(3Box機能)に対応
  • 「ムービー」おでかけ転送時のSDメモリーカードへの転送
  • 「アルバム」:UIの更新(WALKMANやムービーアプリと同じダッシュボードコンセプトのUIデザインを採用)
  • 「カメラ」:UIの更新
  • 「スクラップブック」:地図切り取り機能の追加、クリップウィジェットの追加
  • 「ブラウザー」(スモールアプリ):ブックマークに対応

 

    アプリケーションの追加

  • TV SideView アプリケーション

【関連情報】
お知らせ | タブレット | サポート・お問い合わせ | ソニー







関連記事




タグ: , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る