Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

ツール

tora.mamma.flipclip

『FlipClip Free』は、Androidのクリップボードを拡張してくれるアプリです。
クリップボードとは、テキストなどを「コピー」した時に、一時的に保存されている場所のこと。任意の場所で「貼り付け(ペースト)」することで複製や移動が行われます。
では『FlipClip Free』は具体的に何を拡張してくれるのか、さっそくご紹介します!

アプリの特徴

  • クリップボードの保存履歴を最大10件まで確保
  • 保存した順番に関係なく、好きなものを呼び出せる
  • クリップボードリスナーつき
  • 有料版は100件確保

FlipClip Free
価格:無料

保存件数を10件に増やす

tora.mamma.flipclip-2

通常のクリップボードでは、保存できる情報は1件のみ。
「オクトバ」という文字をコピー(クリップボードに保存)した後で「おくとば」という文字をコピーすると、クリップボードの情報は上書きされ、「オクトバ」が消えます。

『FlipClip Free』が拡張するのは「テキストの保存数」。10件までコピー履歴を溜めておけるのが特徴です。
では、保存履歴を増やすとどう便利になるのでしょう?

com.natora.mamma.flipclip-7

例えば迷惑メールを複数アドレスの受信拒否設定をしたいとき、
・メール画面でアドレスコピー⇒拒否リスト画面でペースト⇒メール画面でコピー⇒拒否リストで…
という手間が
・メール画面で複数のアドレスをコピー⇒拒否リスト画面でまとめてペースト
で済みます。

他にもフォーム画面で同じ名前や住所などを何度も入力する際など、役立つ場面は多いです。

アプリ設定はドロワーから

com.natora.mamma.flipclip-5

ドロワーから『FlipClip Free』を起動すると、このアプリの見た目や動き方を設定することができます。
見た目(スタイル)は、この画像でも使用している「Android 4.x風」のほか、「Android 2.3風」と「サクラ風(ピンク)」があります。
このアプリは他のアプリ起動中でも使えるよう一番手前に表示されるので、使いやすいように大きさや文字サイズを調整しましょう。
使用頻度がそこまで高くないという場合は、「クリップボード監視間隔」を長めにしておくとバッテリーの消費量を多少軽減できるかもしれません。

Androidのバージョンを確認

com.natora.mamma.flipclip-6-1

まずAndroid 3.0以上を搭載した端末であれば、「クリップボードリスナー」という機能を使うことができます。
この機能を有効化してからテキストをコピーすると、画像のような小さなウィンドウがポップアップ表示されます。
コピーするテキストをちょっとだけ変更したい場合に重宝するほか、コピーしたテキストを使った「共有」や「検索」が『FlipClip Free』を介して行えます。

更にAndroid 4.0以上を搭載した端末で『FlipClip Free』を呼び出す場合はダブルタップが推奨されています。
通常の呼び出し方法(長押し)でも動くこともありますが、もし長押しが使いにくい場合はこの項目を確認してみてください。

マッシュルームからの呼び出しも可能!

tora.mamma.flipclip-70

手順が若干増えるものの、『FlipClip Free』を呼び出す場合こっちのほうが楽かもしれません。
「Simeji」や「POBox touch」などのキーボードで使えるプラグイン、通称「マッシュルーム」としてこのアプリを起動することができます。
別途、通知領域からマッシュルームを呼び出せる「マッシュドアー」などと組み合わせれば、キーボードを開いていない時でも『FlipClip Free』のリストが見られます。

有料版の『FlipClip』ではクリップボードを100件まで保存できる用になっており、価格も100円とお手頃なので、無料版で気に入った際はぜひ購入も検討してみてください。





FlipClip Free
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 FlipClip Free
価格 無料
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン 1.22
デベロッパー名 Tora & Mamma
レビュー日 2013/05/31


関連記事




タグ: ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る