Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2013/08/19 設定

socialnetis.optimusfree-0

スマホのバッテリーを消費する主な原因の1つが「通信」です。いろいろなアプリやAndroidシステムが、自分が気づかないうちにネット接続していて、それでバッテリーを消費していることがあります。
『Optimus Battery Saver FREE』は、スマホの画面がオフになっている時に通信を制御し、バッテリー消費を抑えるアプリです。類似のアプリも多くありますが、本アプリはシンプルでわかりやすくできています。

アプリの特徴

  • 通信を制御してバッテリーを節約するアプリ
  • 見た目がシンプルでわかりやすいが日本語はちょっと怪しい
  • バッテリー残量や週末などの条件で設定を変えられる

Optimus Battery Saver FREE
価格:無料

オンにした設定がカラフルに

socialnetis.optimusfree-1

アプリを起動するといくつか項目がありますが、とりあえず一番上のボタンをONにすれば本アプリの機能が有効になります。
細かい設定は下の項目から行います。まずは「ジェネラル」から設定してみましょう。

主な設定はジェネラルで

socialnetis.optimusfree-2

特に細かい指定が必要なければ、この「ジェネラル」の項目を設定するだけでOKです。

Wi-Fiをオンにする…画面OFF時に本アプリの機能を有効にし、Wi-Fiをオフにする
データを有効に…上記と同じく、データ通信をオフにする
ロック解除した後に有効に…画面をつけた後に通信を有効化
ロック画面をオフに遅らせる…画面を消した後、通信無効化まで20秒の余裕をもたせる
周波数…指定分ごとに通信を有効にする

若干、日本語が怪しい部分がありますので、英語にしたほうが逆にわかりやすいかもしれませんね。トップのメニューから他言語に切り替えることができます。

バッテリー低下時には節約モード

socialnetis.optimusfree-3

「スーパー貯蓄」は、バッテリー残量が一定以下になった時に発動します。普段は10分ごと、バッテリーが少ない時は30分ごとのように設定すれば、残量が少ない時だけ節約することができます。

夜は通信無効に

socialnetis.optimusfree-4

「ナイトモード」では、設定した夜の間は通信を無効化することができます。寝ている時にメールで起こされたくないですしね。

週末は別設定で

socialnetis.optimusfree-5

そのほか「週末」「時間を急ぐ」といった時間や曜日を指定しての制御設定を行うこともできます。

いつでも通信して常に最新の通知等を受け取りたい、という人にはちょっと向きませんが、そんなに急がないという人には便利なアプリです。
オンオフは簡単なので、こういったアプリを使ったことのない人も、どれだけ節約できるか一度試してみるといいですよ。





Optimus Battery Saver FREE
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Optimus Battery Saver FREE
価格 無料
対応OSAndroid 1.6 以上
バージョン 1.5
デベロッパー名 SocialNetis
レビュー日 2013/08/06


関連記事




タグ: , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る