Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2013/09/8 ツール

com.msd.battery.indicator.screen

とても便利なスマホですが、気になるのがバッテリー持ち。一昔前よりだいぶバッテリー持ちが良くなったとは言っても、やはり出先でのバッテリー切れは怖いものですよね。
『バッテリードレインアナライザモニター』は端末のバッテリー状態を詳しく監視・制御してくれるアプリです!バッテリー切れまでの残り時間や、日々の使用頻度の表示。更には、時間やバッテリー残量に応じてデータ通信のON/OFFや画面輝度まで制御してくれる便利アプリですよ。

アプリの特徴

  • バッテリー切れまでの残り時間を表示してくれる
  • 日々の使用頻度をグラフで表示
  • 時間帯やバッテリー残量に応じて、設定した項目を自動で制御する

バッテリードレインアナライザモニター
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


バッテリー情報を細かく監視!

Screenshot_2013-09-02-15-34-34 2.png-1

アプリを起動すると、現在のバッテリーステータス画面です。バッテリー残量や温度、バッテリーの使用状況・充電状況などが表示されます。
非充電中だと、バッテリー切れまでの残り時間が表示され、充電中だと満充電までの時間が目安として分かるので便利です。画面は上のアイコンをタップすると切り替わります。

Screenshot_2013-09-02-15-37-14 2.png

隣のページは9日前までの1日毎の使用統計を表しています。その日1日で何にバッテリーを消費していたかが、カテゴリー別に%で表示されます。
無料版では細かく何のアプリがバッテリーを消費していたかまでは見る事ができませんが、有料のプレミアム機能を使えば、アプリ毎の消費率が分かるようです。バッテリー喰いのアプリを見つけ出すのに良いですね。

Screenshot_2013-09-02-15-37-31 2.png

更に、1%毎や1日毎のバッテリー残量の推移を確認することもできます。「Speed」の欄は1時間で何%消費/充電しているかを表しているので、これを見ながら使い方を考えれば日々のバッテリー持ちも改善するかもしれませんよ。

プロファイルを簡単設定!

Screenshot_2013-09-02-15-35-19 2.png-1

と、ここまではあくまでバッテリーステータスのモニターをするだけですが、本アプリの素晴らしいところは、バッテリー関連のプロファイルを設定できるところです!
一番最初の画面でメニューボタンを押すと、画面下部の「Day」「Night」「Save」の下が(edit)になると思います。この状態で各項目をタップし、時間やバッテリー残量を決めた後に各トグルのON/OFFを設定すると、その条件になった時に各設定を自動で変更してくれます!
つまり、「午前0時なったらデータ通信OFF、画面輝度最小、マナーモード」などの設定を勝手にしてくれちゃう、というワケです!。

通知とウィジェットが便利!

Screenshot_2013-09-02-15-46-23 2.png

設定画面ではステータスバーのバッテリーアイコン表示有無や一定のバッテリー残量になった際の通知機能、バッテリーアイコンの色などの設定が行えます。
バッテリーアイコンは何%で色が変わるか、という所まで任意にせ設定できますよ。

Screenshot_2013-09-02-15-36-32 2.png

ステータスバーにアイコンを表示させると、通知領域に残量と残り時間が表示されるようになります。
また、ウィジェットも計5種類あり、ホーム画面でバッテリー状態を一目で確認することができますね。

あまり気にし過ぎるのもどうかとは思いますが、インストールしていて損はないアプリだと思います。特に簡単にプロファイルが組めるので、日々の操作がかなり楽になりますよ!
また、画面下のトグルアイコンは単純にスイッチとして機能しているので、トグル関連も一纏めにできるオススメアプリですよ!





バッテリードレインアナライザモニター
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 バッテリードレインアナライザモニター
価格 無料
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン 3.4.1
デベロッパー名 Sun Light
レビュー日 2013/09/03


関連記事




タグ: , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る