Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20131004_panasonic_00

パナソニックは10月2日、スマートフォンが子機になる無線LAN対応デジタルコードレス電話機「VE-GDW03DL」を11月14日より発売すると発表した。
スマートフォンに専用のアプリをインストールすることによって、電話の着信・発信・内線通話などが可能になる。
対応するスマートフォンは、Google Playに対応するAndroid 4.0以上のスマートフォン・タブレット、iOS 5.0以降を搭載したiPhoneやiPadなどで、価格はオープン価格。



製品概要

対応するスマートフォンに専用のアプリをインストールし、無線LAN環境に接続すると、スマートフォンを子機の電話として使うことができる。スマートフォンは最大4台まで登録できる。
Google Playに対応するAndroid 4.0以上のスマートフォン・タブレットと、iOS 5以降を搭載するiPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPad、iPad mini に対応する。受話口がないタブレット端末は、常にスピーカーフォン通話となる。
 
固定電話(コードレス電話)にかかってきた電話を、スマートフォンで受けたり、子機に取り次ぐことができる。発信する際は、スマートフォンで「携帯電話回線」か「固定電話回線」かを選んで発信できる。
このほか、内線通話(スマートフォン同士の内線通話は不可)や、コードレス電話に録音された留守番電話の再生・消去、スマートフォンからコードレス電話に電話帳を転送する機能を搭載する。
 

20131004_panasonic_01

スマートフォンを置くことができる専用スタンドが付属し、充電用のUSB端子も搭載している。

関連情報

VE-GDW03DL | 電話機 | Panasonic
デジタルコードレス電話機 VE-GDW03DLを発売 | プレスリリース | ニュース | パナソニック企業情報 | Panasonic







関連記事




タグ: , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る