Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20131016_sb_supercell

ソフトバンクとガンホー・オンライン・エンターテイメントは10月15日、フィンランドのスマートフォン向けゲームメーカー「Supercell Oy」(スーパーセル)の議決権付株式の51%を、総額15.3億米ドル(約1,515億円)で取得することを発表した。
スーパーセルはゲームアプリ「Clash of Clans」や「Hay Day」を提供し、App Storeのトップセールスランキングではそれぞれ137ヶ国・96ヶ国で1位を獲得した実績がある。
ソフトバンクは、「パズドラ」を展開するガンホーとのパートナーシップを生かしながら「モバイルインターネット世界No.1」に向かって邁進するとしている。



取引の概要

ソフトバンクが80%、ガンホーが20%出資して買収SPC(特別目的会社)をフィンランドに設立。買収SPCはスーパーセルの議決権付株式の51%を総額15.3億米ドル(約1,515億円、1米ドル99円換算)にて取得する。これによってスーパーセルはソフトバンクの子会社となるが、取引後も本社はフィンランドのヘルシンキから変更はなく、現CEOも引き続き務める。
スーパーセル取締役には、ソフトバンクの孫正義代表取締役社長やガンホーの孫泰蔵代表取締役会長らが就任する予定。

スーパーセルとは

スーパーセルはフィンランドを拠点にモバイル端末向けゲーム事業を展開しているゲームメーカーで2010年5月に設立された。ゲームアプリ「Clash of Clans」及び「Hay Day」を提供し、同2タイトルは、「App Store」のトップセールスランキングにおいて、それぞれ137ヶ国と96ヶ国で1位を獲得した。
また、2013年2月〜8月の7ヶ月間、「App Store」の「ゲーム」カテゴリにおける売上で世界1位となった。
「Clash of Clans」は2013年10月からAndroid版でも提供している。

20131016_sb_supercell_01

20131016_sb_supercell_02

関連情報

ソフトバンクとガンホーによるスーパーセルの株式の取得について(PDFファイル)
Clash of Clans : 世界一流行ってるゲーム「クラクラ」の日本語版がついにAndroidにキター!無料Androidアプリ







関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る