【最新アップデート】KDDI、Xperia UL SOL22のAndroid 4.2へのアップデートを開始

 

20131203_sol22_00

KDDIは12月3日、ソニーモバイル製Androidスマートフォン「Xperia UL SOL22」をAndroid OS 4.2にバージョンアップするソフトウェアアップデートを開始した。
今回のアップデートにより、ムービーアプリやスモールアプリ・カメラアプリの機能強化など、OSバージョンアップによる新たな機能が多数追加される。
アップデートは3G/LTE回線、Wi-Fi通信、パソコンから行うことができる。

主なアップデート内容

Xperia UL SOL22は2013年5月にAndroid OS 4.1で発売された。今回のバージョンアップでAndroid OSは4.2.2となり、アップデートが正常に完了するとソフトウェアバンドバージョンは「ver.10.3.1.D.0.220」となる。
 
新たに追加された機能など、主なバージョンアップ内容は以下の通り。
 
ムービーアプリが進化
ムービーアプリのトップ画面なおdにプレミアム映像配信サービス「Video Unlimited」が表示され、ムービーアプリから直接、話題の映画やドラマにアクセスでき手軽に楽しめる。
 
ワイヤレスコントローラーに対応
ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 3)の接続に対応する。
 
カメラアプリの進化
撮影直後に撮影した写真のプレビュー表示ができるようになる、プレビュー時間の変更も可能。
 

20131203_sol22_01

 
スモールアプリにアプリトレイ追加
任意のアプリケーションを起動中に、タイマーや計算機などを小画面で表示できる、スモールアプリにアプリトレイが追加。アンインストールやウィジェットをすもーらに設定することが可能となる。
 
FMラジオ
通知画面からFMラジオを終了させることが可能になる。
 
ノートアプリ
ノートアプリ内に電話番号やメールアドレス、URLを保存すると自動でリンクを作成し、クリックするだけで電話の発信やメール送信を行えるようになる。
 

20131203_sol22_02

 
ロック画面にウィジェット追加
ロック画面の左側に、最大4つまでのウィジェットを追加することが可能になる。
 
スクリーンセーバーの設定
スクリーンセーバーを設定が可能になる。開始のタイミングやSensMe slideshowを使用してスクリーンセーバー自体を自由にカスタマイズすることも可能。
 
3回タップで拡大/縮小
画面を3回連続タップすることで拡大/縮小できる設定が追加される。設定画面など今まで拡大ができなかった画面でもピンチイン/ピンチアウトや2本以上の指でドラッグすることが可能に。
 

20131203_sol22_03

このほか、Android 4.2による機能・操作性の向上やWi-Fi安定制御機能に対応するほか、「より快適にSOL22をご利用いただくための改善内容」なども含まれている。
 
アップデートは端末単体(Wi-Fi、LTE、3G)またはパソコンから実施することができるが、KDDIではWi-Fiでのアップデートを推奨している。Wi-Fiを利用した場合の更新時間は約12分。バージョンアップを行うと、以前のバージョンには戻せない。
 
なお、OSアップデート後にLISMO(旧LISMO Player)が起動しない場合があるが、au MarketからAndroid 4.2に対応したLISMOにアップデートすることで利用できるようになる。

関連情報

Xperia™ UL SOL22 OSアップデート情報 | 製品アップデート情報 | au
『Xperia UL SOL22』Android 4.2.2対応 OSバージョンアップのお知らせ | ソニーモバイルコミュニケーションズ







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hiro
アプリの楽しさや便利さを皆さんに分かりやすくお伝えします!