Android(>アンドロイド)ニュース

2013/12/17 Android(アンドロイド)ニュース

20131217_docomo_spammail_00

NTTドコモは12月16日、迷惑メールの疑いのあるメールを自動検知してブロックする「迷惑メールおまかせブロック」を12月17日より提供開始すると発表した。
ドコモメールで受信したメールを解析し、迷惑メールと判定したメールを専用フォルダに格納するサービスで、ドコモ電話帳と連携して登録されているアドレスからのみメールを受信する機能も利用できる。
対象のメールサービスはドコモメールのみで、月額料金は200円(税別)。「あんしんパック」または「あんしんネットセキュリティ」に申し込んでいる場合は、追加料金はかからず利用できる。



サービスの概要

「迷惑メールおまかせブロック」は、申込手続きをするだけで、自動で迷惑メールかどうかを判定してくれるサービス。迷惑メールと判定されブロックしたメールは専用のフォルダに保存され、一定期間保存されるため確認することも可能。
 
ドコモ電話帳(クラウド)と連携させることにより、電話帳に登録されているメールアドレスからのメールのみ受信する機能や、当該アドレスからのメールを迷惑メールと判定しないようにする機能を利用できる。
 

20131217_docomo_spammail_00

 
迷惑メールは、株式会社シマンテックの迷惑メール対策エンジン「Symantec Message Filter」により判定される。従来から提供している「迷惑メール対策設定」も継続して利用でき、併用することでよりきめ細かな迷惑メール対策が可能となる。
 
利用料金は月額200円だが、ウイルススキャンなどを利用できる「あんしんネットセキュリティ」(月額200円)を既に契約している場合は追加料金なしでご利用できる(「あんしんパック」での契約も含む)。

設定パターン

「迷惑メールおまかせブロック」では、以下の4通りの設定ができる。ドコモ電話帳(クラウド)を利用する設定を選択する場合は、ドコモ電話帳のクラウド利用を開始している必要がある。クラウド利用はドコモ電話帳のメニュー画面より設定できる。
 
1.迷惑メール自動判定機能を利用(ドコモ電話帳(クラウド)優先受信あり)
送信元や本文などを解析し、登録されたメールアドレス以外からのメールで、迷惑メールと判定したものを自動で振り分け、専用の迷惑メールフォルダに保存する。
 
2.迷惑メール自動判定機能を利用(ドコモ電話帳(クラウド)優先受信なし)
送信元や本文などを解析し、迷惑メールと判定したものを自動で振り分け、専用の迷惑メールフォルダに保存する。
 
3.ドコモ電話帳(クラウド)限定受信機能を利用
従来の迷惑メール対策設定(受信/拒否設定)の機能は停止し、ドコモ電話帳(クラウド)に登録しているメールアドレスから送信されたメールのみ受信する。登録されていないメールアドレスから送信されたメールは、専用の迷惑メールフォルダに保存される。
 
4.迷惑メールおまかせブロックを利用しない
迷惑メールの自動判定機能を停止する。

利用方法

20131217_docomo_spammail_01

「迷惑メールおまかせブロック」の利用手続きは、「dメニュー」→「お客様サポート」→「サービス・メールなどの設定」とタップする。
 

20131217_docomo_spammail_02

「サービス・メールなどの設定」から「メール設定」へ進み、「4.迷惑メールおまかせブロック利用設定」をタップする。「あんしんネットセキュリティ」や「迷惑メールおまかせブロック」を契約していないユーザーは、この画面から契約手続きへ進むこともできる。
 

20131217_docomo_spammail_03

設定値を種類から選択して確認ボタンをタップする。同意事項や注意事項を確認後、同意しますの項目をチェックし、決定ボタンをタップすることで設定が完了する。

関連情報

報道発表資料 : 「迷惑メールおまかせブロック」を提供開始 | NTTドコモ
ドコモ あんしんスキャン | サービス・機能 | NTTドコモ







関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る