Android(>アンドロイド)ニュース

2013/12/17 Android(アンドロイド)ニュース

20131217_docomomail_02

NTTドコモは12月17日より、クラウド対応メールサービス「ドコモメール」の機能を拡充し、WEBブラウザやIMAP4対応のメールソフトからメールの送受信に対応した。
今回の機能拡充により、外出先からはスマートフォンで、自宅で長文メール作成する時はパソコンのWEBブラウザを使用するなど、利用シーンによって使い分けができるようになる。
利用するには事前にdocomo IDの利用設定が必要。利用料金は無料で、spモード(月額315円)を契約している必要となる。



パソコンからもドコモメールが利用可能に

ドコモメールは、従来のspモードメールをクラウドに対応させたもので、送受信したメールデータをクラウドサーバー上に保存することで機種変更時のデータ移行や端末紛失時のデータ復旧が簡単に行える。
今回の機能拡充により、パソコンのWEBブラウザや、IMAP4対応のメールソフトからでも同一のメールアドレスでメールの送受信が可能となった。
 

20131217_docomomail_01

 
利用する際は、dメニューのお客さまサポートから「docomo ID利用設定」を「利用する」に設定しておく必要がある。また、WEBブラウザから送受信する場合はドコモメールの利用を開始している必要がある。
 
WEBブラウザからドコモメール(ブラウザ版)にアクセスし、docomo IDでログインすることでメールの送受信が可能となる。デコメ絵文字を利用したデコレーションメールを作成することも可能。また、IMAP4に対応したメールソフトやメールアプリに、docomo IDや接続先のサーバーアドレス等を設定することによってメールの利用が可能になる。
  

20131126_docomomail_02

 
送受信したメールやフォルダの内容はスマートフォンやパソコンなど複数の端末間で同期されるため、同じ内容を確認することができる。
 
利用料金は無料だが、spモードメール(月額315円)の契約が必要で、メールの送受信やクラウドサーバとの同期には別途通信料がかかる。
 
WEBブラウザからの利用は2013年12月17日午前0時より、IMAP4対応は同日午前4時より提供を開始している。

関連情報

報道発表資料 : 「ドコモメール」の機能拡充について | NTTドコモ
ドコモメール(ブラウザ版) | NTTドコモ
ドコモメールアプリ以外のメールソフトでのご利用方法 | サービス・機能 | NTTドコモ







関連記事




タグ: , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る