Android Special Contents

スマホのコツ

2014-01-07ff_16h10_37

日常のちょっとした事をつぶやくのが人気のTwitter。ブログよりも手軽に書け、人との繋がりが強いのも大きな魅力です。
特に日本では大人気で、某アニメの某セリフを同時に投稿し、瞬間ツイート数世界一を記録したのは記憶に新しいですね。

ところで、日々Twitterを使用している中で、急にTLが更新できなくなったり、投稿ができなくなる事はありませんか?ネットと非接続なわけでもなく、端末がおかしいわけでもない。そんな時は「API制限」に引っかかっている可能性が高いです!今回は、その「API制限」について紹介しようと思います!



APIって?

2014-01ss-hh07_16h00_01

そもそもAPI制限とは何の事でしょう?まず「API」とは【Application Programming Interface 】の略です。「あるソフトウェアの機能や管理するデータなどを、外部の他のプログラムから呼び出して利用するための手順やデータ形式などを定めた規約のこと。」…らしいです。

Twitterの場合は、まず、本家のTwitterがあります。アプリ開発者は、独自機能を持ったTwitterアプリを開発しようとしますが、一から開発すると死ぬほど手間がかかるので、本家のTwitterと共通する機能は簡単に呼び出して使用できる。という感じです。

2014-01-07ff_16h10_37

「API制限」なので、これに制限がかかるわけです。Twitter側が提供しているにも関わらず、何故か?要は、「本家に迷惑がかからない程度ならいいけど、一線超えたら容赦しないよ?」という事です。
多くの人が無制限にツイートすると、当然、Twitter側に負荷がかかります。これを軽減する為の処置ですね。

API制限対象

では、実際に何をすると制限に引っかかるのか?ここが重要なところです!代表的なものを以下にまとめてみたので、ご覧ください。

ツイート DM お気に入り リスト作成 リスト登録 フォロー
1,000件/1日 250件/1日 1,000件/1日 1アカウント20個 1リスト500人 1,000件/1日

※アカウントに対する規制

この辺りは比較的気にしなくても大丈夫かもしれませんが、次の表は割りと重要です。

ホームTL取得 メンションTL取得 フォロワー 一覧取得 DM 送信一覧取得 DM 受信一覧取得 お気に入り一覧取得
15回/15分

※トークンに対する規制

ミスじゃありませんよ?これらは全て15回/15分です!つまり、TLを1分に1回以上の更新を続けると制限がかかります。よく使う機能なだけに、意外と簡単に規制対象になるので恐ろしいです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
ちなみに、この他にも膨大な規制対象があります。ここに挙げたのはほんの一部です。

placeit

では、実際に規制がかかるとどうなるのか?答えは簡単。何もできなくなります。TLの更新も、ツイートを投稿する事もできません。
ただし、この制限はしばらくすると解除される(数分)ので、今後一切使用できなくなる、というわけではありません。この制限間もTwitterを使用する為に、複数のアカウントを使いこなす方もいるようです。

回避方法

Screenshot_2014-01-07-14-31-06

ではでは、API制限を回避する方法は無いの!?という、Twitterにドハマりしている方。もちろんありますよ!それは、Twitter公式アプリを使用する事です!公式アプリにも制限はありますが、他のものよりかなり緩めです。API制限自体が、公式アプリやウェブ版を使ってもらう、という側面もあるようですね。
なので、余程でない限り公式アプリを使用しての制限は、無いと言っていいでしょう。クライアントにこだわりが無ければ、公式を使うのが無難かもしれません。
また、先述の表でトークンに対する規制に当てはまる場合は、クライアントアプリを変更すればOKです。

ちょっと長くなってきたので、今回はこの辺で。TwitterのAPI制限についてですが、普通の人が普通に使用してる分には、まず出くわす事はないと思います。ただ、TL更新回数は割りと簡単に上限を超えるので注意してくださいね!







関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る