Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20140110_linewhoscall_00

LINE株式会社は1月9日、アドレス帳に登録していない番号から電話・SMSの着信があった場合に、発信元の情報を表示したり着信を拒否することのできるアプリ「LINE whoscall」の提供を開始しました。
アドレス帳に登録していない企業や店舗から着信があっても、タウンページなどに登録されている約6億件のデータベースをもとに、自動的に店舗名などを着信画面に表示します。
アプリはAndroid OS 2.2以上の端末に対応しており、Google Playより無料でダウンロードできます。iPhone向けの提供は未定です。


LINE whoscall - 発信元表示・着信拒否
価格:無料

6億件のデータベースと照合

20140110_linewhoscall_01

同じ機能を持つアプリ「whoscall」が世界で600万ダウンロードを突破し、台湾や香港など8ヶ国でGoogle社が推薦するAndroidアプリ「Google Play The Best Apps of 2013」の1つにも選ばれました。そのwhoscallをLINE向けにカスタマイズしたのが「LINE whoscall」です。
 
LINE whoscallの主な機能

  • アドレス帳に登録していない番号からの発信元表示
  • 迷惑電話など電話・SMSを拒否したい番号を登録
  • 迷惑電話・メール、スパム電話などの情報を共有
  • カテゴリやタグをつけて電話番号を管理

20140110_linewhoscall_02

アドレス帳に登録していない企業や店舗からの電話からの着信は、企業が世間に公開している電話番号情報(日本ではタウンページ)や、インターネット上に掲載されている電話番号、ユーザーが通報したスパムデータなど6億件のデータベースと照らし合わせ、発信元の企業名や店名を表示します。
 
データベースはインターネットに接続していないオフラインでも利用できるため、着信が素早く識別できるようになっています。

20140110_linewhoscall_03

着信やSMSを拒否する着信拒否機能もあり、国際電話や非通知、アドレス帳に登録していない番号の一括拒否などさまざまな条件で登録が可能です。迷惑電話・メールやスパム電話などの情報は世界中のユーザーと共有できます。

「LINE」アプリとは連携せず

現時点では「LINE」アプリとは連携しておらず、LINE whoscall内のアドレス帳に新しく番号を登録してもLINEの友だちとして追加されることはありません。また、LINEを利用した無料通話やトークにはLINE whoscallで設定した着信拒否が連動されません。
 

20140110_linewhoscall_04

 
なお、LINE whoscallの利用によって自分の名前や電話番号が外部に公開されることはなく、日本国内での利用において、アドレス帳内のデータがLINE社やwhoscallを運営するGogolook社のサーバーで収集されることもないとのことです。

関連情報

LINE whoscall
知らない番号からの電話・SMSの発信元表示や着信拒否ができるアプリ「LINE whoscall」登場!(Android向け) : LINE公式ブログ





LINE whoscall - 発信元表示・着信拒否
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 LINE whoscall - 発信元表示・着信拒否
価格 無料
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン 3.10.0.1
デベロッパー名 LINE Corporation and Gogolook
レビュー日 2014/01/10


関連記事




タグ:

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る