Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20140116_chrome_00

米Googleは1月15日(現地時間)、Android及びiOS向けのGoogle Chromeブラウザの新バージョンのアップデート内容を発表しました。
新バージョンでは、ベータ版で採用されていたデータ圧縮機能を正式に採用されるなど新たな機能が追加されました。
今後、数日間かけ段階的にアップデートが適用される予定です。


Chromeブラウザ-Google
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


アップデートの主な内容

今回のアップデートで追加された機能は、画像などデータなどをGoogleが設置したプロキシサーバー上で圧縮してWebページの表示を高速化する機能です、
サイトコンテンツをダウンロードする際にダウンロードデータを最大50%削減することによって、表示を高速化や通信量の削減に繋がります。
なお、HTTPS通信などのセキュアな通信には適用されません。
 

20140116_chrome_03

 
この機能は昨年3月よりベータ版(Chrome Beta)に搭載されていたもので、今回正式版でも採用されました。
【最新アップデート】Google、Android向け『Chrome Beta』にプロキシサーバーを利用して高速化するSPDYを導入
 
機能を有効にするにはメニューより設定する必要があり、どのくらいデータが削減できたのか確認することも可能です。
 

20140116_chrome_01

 
このほか、Android向けに、お気に入りのウェブサイトのショートカットをホーム画面に設置できる機能や、iOS向けにはウェブページを翻訳する機能(Android向けGoogle Chromeには搭載済み)が追加されました。

関連情報

Google Chrome Blog: More web, more savings with Chrome for Mobile(英文)





Chromeブラウザ-Google
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Chromeブラウザ-Google
価格 無料
対応OSAndroid 4.0 以上
バージョン 端末により異なります
デベロッパー名 Google Inc.
レビュー日 2014/01/16


関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る