Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20140130_motorola_lenovo_00

米Googleは1月29日(現地時間)、傘下の携帯電話端末部門のMotorola Mobility(モトローラ・モビリティ)を中国のLenovo(レノボ)へ売却すると発表しました。
売却価格は約29.1億ドルで、日本円にして約2972億円になります。
レノボはモトローラブランドや特許ライセンスを取得することで、急成長しているスマートフォン事業のシェアをさらに拡大する狙いです。



主な概要

Googleの発表によると、特許ポートフォリオの大半を引き続きモトローラが所有し、レノボは利用するライセンスを受けることになります。これに加え、モトローラブランドや商標、2,000以上の特許を取得します。
レノボは、モトローラの販路を利用し市場などでシェアを拡大させ、西ヨーロッパ市場進出への足掛かりを得る狙いです。
 
Googleは2012年にモトローラの携帯電話部門を約125億ドルで買収し、米国で第3位のAndroid端末メーカーとなりましたが、今回の売却により約2年足らずで手放すこととなりました。
※22:14 価格表記に誤りがあったため、修正させていただきました。

関連情報

Lenovo to Acquire Motorola Mobility from Google – Investor Relations – Google(英文)
Official Blog: Lenovo to acquire Motorola Mobility(英文)







関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る