Android(>アンドロイド)ニュース

2014/02/26 Android(アンドロイド)ニュース

20140226_linecall_00

LINE株式会社は、LINEスマートフォンアプリから固定電話や携帯電話へ発信できる「LINE電話」サービスを2014年3月より開始すると発表しました。
既にLINEに登録してあるユーザーは初期設定不要で、固定電話への通話は1分2円、携帯電話へも1分6.5円と、携帯電話会社の料金プランと比べ最大で95%割安になります。LINEアプリ同士の通話は今まで通り無料です。
サービス開始に先立ち、公式アカウントに登録することで先着10万人に100円分のクレジットをプレゼントするキャンペーンも実施します。



サービスの主な概要

初期設定などは不要で、スマートフォンにLINEがインストールされていればすぐに使用できます。発信する際はキーパッド入力以外に、端末内の電話帳情報・通話履歴から発信先を選択するこもが可能です。ゼンリンデータコム提供の国内650万件の店舗や施設の電話番号データベースから、位置情報・カテゴリ・キーワードによって発信先を検索することもできます。

20140226_linecall_03

LINE電話からの着信先には、発信元の電話番号が表示されるため、受信者側も違和感なく通話を受けることができます。ただし、日本での着信側がNTTドコモ端末の場合は「通知不可能」または「非通知」表示されます。

通話料のみ発生

20140226_linecall_02

初期費用や月額基本料金は一切発生せず、ユーザーは通話料金のみで利用できます。通話料金は、日本の固定電話への通話は業界最低水準の1分2円から、携帯電話へは1分6.5円から利用できます。アメリカや中国への通話も1分2円と低料金で利用できます。
 
さらに、LINE法人向けビジネスアカウント「LINE@」を導入している、レストラン・美容院・ネイルサロン・ホテル・病院などの国内約130万件へは、無料で電話をかけることができる期間限定のキャンペーンも実施しています(終了時期未定)。

20140226_linecall_04
画像をクリックすると拡大します

 
料金プランは、利用する通話時間分を事前にチャージする「コールクレジット」と、購入から30日間上限時間まで使える「30日プラン」の2つのプランから選べます。
「30日プラン」は、「固定電話のみ通話可能」もしくは「固定電話・携帯電話に通話可能」という2つの方式で上限時間まで利用でき、「コールクレジット」プランよりも安い料金単価で通話ができます。
 
料金はLINEプリペイドカード、LINEコイン(Androidのみ)、アプリ内決済、クレジットカードで支払います。

20140226_linecall_01

サービス提供に先立ち、2月27日よりLINE公式アカウント(@linecalljp)を公開し、友だち登録者先着10万人に100円分(国内携帯電話7分相当、国内固定電話33分相当)のクレジットをプレゼントするキャンペーンも実施します。

関連情報

LINEから国内外の固定・携帯電話番号へ低料金で通話ができる新サービス「LINE電話/LINE Call」を、2014年3月より日本・アメリカを含む世界6カ国で開始
LINE電話(サービスサイト)







関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る