FreshCoat Wallpaper Creator : 簡単なのにバリエーションは豊富!壁紙に特殊エフェクトをかける加工アプリ!無料

 

com.sony.tvsideview.phone

“写真”にエフェクトをかけるアプリならいっぱいあるんですけどね。
『FreshCoat Wallpaper Creator』は、スマホのホーム画面を飾る”壁紙”に特殊なエフェクトを追加できるアプリです。
プリセットされた種類が豊富なだけでなく、好きな色を使って壁紙を作ることもできます。これが中々で、例えばAndroid 4.0.x ICSで採用されていた青色(通称ICS Blue)などの色をワンタッチで呼び出すことができます。
同じ色でも、YouTubeの「赤」とコカ・コーラの「赤」、T-Mobileの「ピンク」とFlickrの「ピンク」、Skypeの「青」とペプシの「青」、マウンテンデューの「緑」とVimeoの「緑」、Amazonの「オレンジ」とXDAの「オレンジ」……全部別物ですよね。

FreshCoat Wallpaper Creator
価格:無料
開発:Kirch Development


壁紙を作ろう

com.sony.tvsideview.phone-2

アプリを起動するとこの画面になります。
本アプリは出来ることが多いためボタンがいっぱいついてますが、決して多機能なわけではありません。
あらゆるのボタンの目的はただ1つ、エフェクトをかけることだけです。

com.sony.tvsideview.phone-3

タブのすぐ下にあるドロップダウンボックスからエフェクトを選びます。
最下部にある項目で色を決めることができます。

RGBと書かれた部分では、普段から見慣れた10進数を使ってRGBカラーを決定します。
HEXと書かれた部分では、カラーコードに使用される16進数を使って色を決めます。

RGBとは、光の3原色であるRed(赤)Green(緑)Blue(青)のことで、数値によって濃さを決めるものです。10進数の場合の最大値は255、16進数の最大値はFFです。
例えば、ICS Blueのカラーコードは(1つではないですが)「33b5e5」です。

あの色ってどんなのだっけ?

同じ「青」でも、Twitterの青とSkypeの青って別物ですよね。

com.sony.tvsideview.phone-6-2

並べてみるとよくわかります。
青の濃さが違うことは言わずもがなですが、じゃあその色を再現しようと思った時、レタッチツールを使って色を抽出するのもなんか面倒です。

com.sony.tvsideview.phone-4

本アプリの「LIBRARY」タブには、こうした有名企業などのロゴの色情報が網羅されています。

com.sony.tvsideview.phone-5

ほっとんど一緒ですが微妙〜〜〜に違います(笑)
残念ながら本アプリでロゴカラーのカラーコードを確認することはできないようですが、さまざまな有名ロゴと同じ色を使った壁紙を作ることはできます。

com.sony.tvsideview.phone-7

更に、大量にプリセットされたエフェクトから好きな効果を追加することで壁紙をより一層面白くできます。

com.sony.tvsideview.phone-8

先ほどのSkype Blueを使って、「Bokeh(一番下)」のエフェクトと「Floral(下から2番目)」のエフェクトの壁紙を作ってみました。
アプリ画面の右上に置かれたフロッピーマークを押すと作成した画像を保存し、チェックマークを押すと壁紙にセットしてくれます。

com.kirch.freshcoat-9

更に「Blur」ボタンから、ブラー(ぼかし)処理を加えることもできます。
先ほど作った「Skype Blue+Bokeh」にBlurを追加してみました。ブラー処理は写真のピントずれをイメージしてもらうとわかるかと思いますが、風景などと非常に相性が良いのも特徴です。

と、くれば。

画像を加工しよう

com.sony.tvsideview.phone-10

サイドメニューからカメラを起動して写真を撮る、または端末に保存された画像を指定できます。

com.sony.tvsideview.phone-11

ペットをパシャッとやって加工してもいいし、

com.sony.tvsideview.phone-13

お気に入りの壁紙画像を使ってもok!
風景に弱めのブラー処理をかけると曇りガラス越しに眺めているように見え、強めのブラー処理をかけるとまるで別物になることもあります。

com.sony.tvsideview.phone-14

また、写真を壁紙にする場合コントラストが強すぎてその手前に置いた時計ウィジェットなどの存在感が霞むことがありますが、ブラーをかけると一気にコントラストが均一化されるため手前の文字などがよりくっきりと浮かび上がります。

使用する素材によってエフェクトをうまく使い分けて自分だけの壁紙を作ってみてください。
「Wood Grain」で木の質感、「Old Paper」で古紙の質感をプラスしたり、「TV Lines」で古き良きアナログテレビの画面を演出してみるのも面白そうです。
単にブラー処理をかけるだけでもだいぶ違うと思いますよ。

なお本アプリの有料版は102円、内容は広告の排除になっていますので、気に入った際は支援してあげてください。




FreshCoat Wallpaper Creator
価格:無料
開発:Kirch Development





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名FreshCoat Wallpaper Creator
対応OSAndroid 3.0 以上
バージョン2.0
提供元Kirch Development
レビュー日2014/02/26
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者