【新製品】サンディスク、世界最大容量となる128GBのmicroSDXCカードを4月から国内出荷開始

 

20140306_sd128_00

サンディスク株式会社は3月5日、世界最大の記憶容量を持つmicroSDXCカード「サンディスク ウルトラプラス microSDXC™ UHS-I カード 128GB」を4月に出荷開始すると発表しました。これは先月下旬にバルセロナで開催されたMWCで発表されたもので、フルHD動画なら16時間分、音楽なら7,500曲を保存できます。
本製品は40MB/秒の高速転送速度と、CLASS10とUHSスピードクラス1に対応しています。

製品の主な概要

これまでmicroSDXCカードの最大容量は64GBでしたが、本製品はその2倍となる128GBで、世界最大容量となります。Androidスマートフォンやタブレットでの使用を想定して設計されており、通常のmicroSDカードに比べ2倍の転送速度に実現すると同時に、UHSスピードクラス1とCLASS10に準拠しており、フルHD動画や高解像写真の撮影に適しています。
 
製品の型番は「SDSDQUP-128G-J35A」で、SDカード変換アダプタが付属します。製品本体は無期限保証となります。
価格はオープン価格で、日本では4月から出荷開始予定ですが、秋葉原などの一部販売店では1万5,000円前後で販売されているのが確認されているようです。
 

20140306_sd128_01

 
同社が提供しているAndroidアプリ「SanDisk Memory Zone」を使えば、ファイル閲覧や整理、バックアップが簡単に行えます。新機能として、古い写真や動画をmicroSDカードに自動的に移し替えるOptiMem™を追加し、モバイル機器の内蔵メモリーレベルをチェックし、予め設定したレベル以下に鳴った際にユーザーに通知します。
SanDisk Memory Zone : スマホの内部も外部も!メモリー管理はやはり専門家に任せておこう!無料Androidアプリ
 
同社のマネージング・ディレクターの青柳マテウ氏は、スマートフォンやタブレットPCが高性能化したことや、アクションカムなどでHD動画を長時間撮影する機会が増え、大容量microSDカードの需要が高まっているとし、「メモリーカードにおけるマーケットリーダーとして、128GBという大容量のカードを市場にいち早く投入し、お客様のご要望にお応えすることができ大変うれしく思います」とコメントしています。

関連情報

SanDisk Corporation – サンディスク、世界最大容量128GBのmicroSDXCカードを4月に出荷開始
サンディスク ウルトラプラス microSDHC™/ microSDXC™ UHS-I カード(製品情報)







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hiro
アプリの楽しさや便利さを皆さんに分かりやすくお伝えします!