Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20140307_idc_00

IT専門調査会社のIDC Japan株式会社は、2013年通年の国内携帯電話・スマートフォンの出荷台数を発表しました。
調査結果によると、スマートフォンは前年比6.4%増の3,031万台で、携帯電話全体に対するスマートフォンの比率は76.5%となりました。
ベンダー別では、アップルが大きなシェアを占めますが、Xperiaシリーズが好調なソニーやシャープなどの国内メーカーが上位にランクインしています。



アップルが2年連続1位

20140307_idc_02

2013年の携帯電話全体の出荷台数は、前年比1.9%減の3,963万台となりました。ベンダー別ではiPhoneシリーズで高いシェアを維持したアップルが35.2%と、昨年に続いて年間1位を獲得しました。
 
2位には、AQUOS PHONEのほかPANTONEなどのフィーチャーフォンも手がけるシャープ(14.4%)、3位にはソニー(12.1%)がランクインしています。
また、au向けフィーチャーフォンやウィルコム向けPHSを手がける京セラも5位にランクインしています。

20140307_idc_03

一方、スマートフォンの2013年の出荷台数は前年比6.4%増の3,031万台で、同年の国内携帯電話出荷台数全体に対する出荷比率は、前年の70.5%から76.5%と大きく上昇してます。
 
ベンダー別では、アップルが46.0%を獲得し、次いで、Xperiaシリーズが好調なソニー(15.9%)、4キャリアにAQUOS PHONEを展開しているシャープ(12.1%)と続き、以下、富士通(8.1%)、サムスン(6.6%)と続きます。

関連情報

2013年第4四半期および2013年 国内携帯電話・スマートフォン市場規模を発表







関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る