Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

ツール

com.cunninglogic.dynamicpin_00

スマホのセキュリティ対策はしていますか?スマホは個人情報の塊と言っても過言ではないくらいさまざまな情報が詰まっているので、セキュリティ対策はしておきたいものです。
今回ご紹介する『TimePIN』は、現在時刻をスマホのPINコードに設定できるアプリです。単なる4桁の時刻(1234)だけでなく、繰り返しや反転して設定もできちゃいます。


TimePIN
価格:無料

現在時刻がパスワードに

com.cunninglogic.dynamicpin_01

初回起動時には「Default PIN」を設定します。このPINコード(数字の暗証番号)はマスターパスワードのようなもので、忘れてはいけません。既に端末に設定してある暗証番号でも構いませんし、それ以外の番号でも構いません。
設定後は、デバイス管理機能を開始(許可)します。開始することで、このアプリが画面ロック解除ができるようになります。
 

com.cunninglogic.dynamicpin_02

最上段にある「Disable All」という項目をOFFに、その下の段にある「Enable TimePIN」をONにします。これで使用可能な状態になります。
 

com.cunninglogic.dynamicpin_03

画面がロックされた状態で、現在時刻を入力するとロックが解除されます。入力中に時刻が進んでも、元の時刻(1分前)でも解除OKでした。
 

com.cunninglogic.dynamicpin_04

現在時刻を入力するだけなので、覚える手間は必要ありませんが、このアプリの存在を知られていたら、セキュリティ上あまり意味はありません。
そこで、時刻を少しだけひねって設定することもできます。設定画面の「Modifiers」から変更できます。
 
例えば12時34分(1234)なら、

  • Double PIN : 2回繰り返す→「12341234」
  • Mirror PIN : 2回繰り返し、2回目のの数字は反転させる→「12344321」
  • Reverse PIN : 反転させる→「4321」

設定後は必ず「Demo PIN」で確認しましょう。

もし忘れてしまったら

com.cunninglogic.dynamicpin_05

自分もこのアプリを試しているうちにどのパターンにしたか忘れてしまい、解除できなくなってしまいました。
不正なPINが5回入力されると、30秒間入力できなくなります。
どうしても思い出せないときは、端末を再起動しましょう。再起動後、初回起動時に設定したDefault PIN(マスターパスワード)を入力するとロックは解除されます。
いずれにせよ、マスターパスワードは忘れないようにしましょう。

Modifiersから設定できるパターンは複数設定できるので、普通では考えつかないようなPINコードに設定できそうですね。
さらにセキュリティレベルを上げたい方は、アプリ内課金することでさらに細かくカスタマイズできたり、日付もPINコードとして設定できるようになるので、ぜひ試してみてください。
 
このアプリの公式動画はこちらです。
UPDATE Time Pin APP New Features! DatePIN, FailSafe and More! [FULL REVIEW]|YouTube





TimePIN
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 TimePIN
価格 無料
対応OSAndroid 4.0 以上
バージョン 1.1.3.5
デベロッパー名 Cunning Logic
レビュー日


関連記事




タグ: , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る