Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2014/04/21 ツール

com.microsoft.office.onenote_00

ノートアプリと言えばEvernoteを思い浮かべる方も多いと思います。今回ご紹介する『OneNote』はMicrosoftによるノートアプリです。
Windows版の無償提供やMac版アプリの登場でマルチOS&マルチデバイスで使えるようになり、気になっている方も多いのではないでしょうか。
今回はAndroidアプリでの使い勝手をご紹介します!


OneNote
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


使いはじめる前に

前提として、OneNoteを使用するにはMicrosoftアカウントが必要となります。

com.microsoft.office.onenote_01

OneNoteは「ノートブック」→「セクション」→「ページ」というツリー状の構造になっています。
文字が書き込めノートとして使えるのは「ページ」のみなので、「ノートブック」や「セクション」はパソコンで言う「フォルダ」と似た働きをします。

何ができる?

com.microsoft.office.onenote_02

メモ帳やノートのように文字を書き込むことができるほか、画像や音声ファイルを挿入することもできます。画像はその場で撮影またはギャラリーから選択、音声ファイルはレコーダーが起動し、その場で録音が始まります。
 

com.microsoft.office.onenote_03

リスト形式(箇条書き)の書き込みも可能です。文字の書式はは太字、斜字、下線、取り消し線、マーカー(黄色のみ)といったように装飾できます。
 

com.microsoft.office.onenote_04

作成したノートをホーム画面に追加したり、ホーム画面のウィジェットから直接アクセスすることもできます。

マルチデバイスで使える

com.microsoft.office.onenote_05

OneNoteで作成したページはMicrosoftのクラウドサービス「OneDrive」に保存されます。定期的に自動で同期されるため(手動での同期もできます)、保存するという概念がありません。
OndDriveアプリとOneNoteアプリ両方インストールしておくと、OneDriveアプリからノートを直接開くことができます。
 
OneDriveのレビューにはMicrosoftアカウントの作成方法も解説してありますので、参考にしてみてください。
OneDrive : 「SkyDrive」から名前が変わったよ!Office系の作業もできるクラウドサービス!無料
 

com.microsoft.office.onenote_06
Macアプリで表示させたところ

また、Android以外にも、iOS、Windows Phone、PCではWindowsとMacに対応しています。インターネットに繋がっていれば、他のデバイスでも最新のノートを使用できます。

Android版のOneNoteはPC版に比べて機能が制限されているため、外出先でのちょっとした編集や閲覧といった使い方に適しています。
現在のところゴミ箱やアーカイブ機能は無いようなので、間違って大事なノートを削除しないようご注意ください(保護機能もないようです)。
 
OneNoteと同様のサービスでEvernoteがあげられますが、保存できる容量に大きな違いがあります。
Evernoteが無料アカウントの場合は月間60MBの容量ですが、OneNoteの場合はOneDriveの容量(無料で7GB、カメラ機能を有効にすると3GB追加で計10GB)を使えるので、容量は気にせず使えます。

「EvernoteとOneNoteのどちらが良いか?」と聞かれると甲乙つけがたいですが、OneNoteはAPIも公開されたため、連携サービスやサードパーティ製のアプリが今後増えてることが期待できます。無料ですので一度お試しください!





OneNote
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 OneNote
価格 無料
対応OSAndroid 4.0 以上
バージョン 15.0.2727.2300
デベロッパー名 Microsoft Corporation
レビュー日


関連記事




タグ: , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る