Android News

Android(アンドロイド)ニュース

img01

カシオ計算機は、4月22日にタブレット・スマートフォンと連携可能な超短焦点プロジェクター「XJ-UT310WN」を発表しました。
「XJ-UT310WN」は、“レーザー&LEDハイブリッド光源”を搭載する事で、水銀ゼロで3100ルーメンの明るさを実現するもので、2014年7月に学校や企業などの業務用途向けに販売される予定です。



至近距離からの大画面投影が可能

img03

今後リリース予定のスマートデバイス用多機能アプリ『C-Assist』とを使用することで、タブレットやスマートフォンとの連携が可能になり、WEBページや端末内に保存された画像などを投影する事ができます。
27cmの至近距離から80型の大画面投影が可能で本体サイズも小型な為(幅 約338×奥行 約333×高さ 約141mm)、設置場所を制約されることもなく、室内を移動しながら授業・プレゼンを進める事も可能です。

スマートデバイス用アプリ「C-Assist」の主な機能
  • プロジェクターに接続しているPCを、スマートデバイスから操作できる“PCリモート操作”
  • スマートデバイスのカメラ画像をリアルタイムで投映できる“カメラ投映”
  • スマートデバイス内の教材やプレゼン資料などを投映する“コンテンツ投映”
  • プロジェクターの機能をスマートデバイスから操作できる“プロジェクター操作”

関連情報

「XJ-UT310WN」ニュースリリース|カシオ







関連記事




タグ: ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る