ストリートビューで時間旅行!Googleが「タイムマシン」機能追加、過去の風景もデジタルタイムラインで表示

 

20140224_gmap_00

Googleは23日、Googleマップの「ストリートビュー」に過去の風景も閲覧できるタイムマシン機能を追加しました。
2007年からこれまでに撮影された世界中の様々な場所で撮影された町並みや風景を、時間をさかのぼって見ることができる機能です。
世界的にも有名な建物が建設されていく様子や、東日本大震災の被災前後、復興の過程などをデジタルタイムラインで表示することができます。

2007年までさかのぼって表示できる

20140224_gmap_01

デスクトップ版のGoogleマップのストリートビューで、画面左上に時計アイコンが表示される場所が対応しています。アイコンをクリックするとタイムスライダーを動かすことで、その地点の過去の風景や別の季節の風景を表示させることができます。
 

20140224_gmap_03

Google公式ブログでは、東京スカイツリーやシンガポールのマリーナベイサンズホテルが建設されていく様子や、季節で変わる京都の街並みの変化、東日本大震災で被災した宮城県女川町の様子などが紹介されています。

20140224_gmap_02

関連情報

Google Lat Long: Go back in time with Street View(英文)
Google Japan Blog: ストリートビューで時間旅行







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hiro
アプリの楽しさや便利さを皆さんに分かりやすくお伝えします!