その他

news20140422-boogleboard-TOP

株式会社キングジムは、アメリカのKent Displays社の子会社であるIMPROV ELECTRONICSが開発・販売している電子メモパッド「Boogie Board(以下、ブギーボード)」※1の新モデルで、Bluetooth®を搭載した「Boogie Board SYNC9.7(ブギーボード シンク9.7」を、2014年5月2日(金)より国内で輸入販売します。



メモデータを保存できる!

news20140422-boogleboard-001
クリックで拡大します

ブギーボードは、IMPROV ELECTRONICSが開発した感圧式の電子メモパッドです。
今回発売する「Boogie Board SYNC9.7」は書いたメモデータを、保存・共有できるモデル。本体のSAVEデータを押すだけで、書いた内容をPDFデータとして約6,000ファイル※2保存できます。

また、シリーズ内では初めてBluetooth®を搭載。専用ソフトまたはアプリを使うことで保存したデータをPCやスマホなどのデバイスに転送し、共有することができます。

「ライブドローイング機能」追加!

描画中のメモデータをリアルタイムで他のデバイスに表示できる「ライブドローイング機能」も新たに追加し、会議やプレゼンなど様々なシーンで活躍。新改良の9.7インチLCDで従来品に比べ高精度の筆記を実現した他、充電式のリチウムイオンバッテリーで繰り返し使用できます。

製品概要&注釈

【価格】¥16,000 + 消費税
【発売日】2014年5月2日(金)

※1 「Boogie Board」は、Kent Displays社の登録商標です。
※2 1ファイル300KBとした場合の保存可能枚数。

電子メモパッドということで、音が出せない状況で会話がしたい時にも役立ちます。会議などでメモした後も、データをそのまま共有できるのは嬉しい。使い方次第で幅広いシーンに活躍しそうな便利ツールです!

個人的には、このブギーボードの以前の機種を使って、ろうあの知り合いと筆談したことがあります。そういうときには非常に便利なツールだと感じました。

関連情報

電子メモパッド「ブギーボード」にBluetooth®を搭載したハイスペックモデルが登場! | ニュースリリース
Boogie Board SYNC9.7 | 商品紹介ページ







関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る