2014/04/22 その他

20140422-3dmap1

株式会社カブクは、3Dプリントできる3D地図サービス「rinkakでこぼこ地図」を開発し、地図の日の2014年4月19日に正式公開しました。国土地理院などの地図から自分の好きな部分を切り取り、3Dプリント可能な3D地図に変換できるサービスです。



地図から3Dデータを作成

20140422-3dmap2
左:高さスケールを変更し、渋谷という谷を強調 右:沖縄を南国な雰囲気に着色

オープンストリートマップで公開されている3種類と、国土地理院から公開されている地理院地図の合計4種類からブラウザ上に地図を表示でき、そのた地図のエリアをワンクリックで3Dデータ化することができます。また、高さのスケールを変更して、高低差を強調した地図も作れます。

rinkakで出力も可能

20140422-3dmap3
机の上にあったら可愛いですよね。

作成した3D地図データは無料でダウンロードできるので、個人で所有している3Dプリンターなどで出力することができます。3Dプリンターを持っていない場合でも、同社のrinkakから出力が可能です。

rinkakで出力する3D地図の大きさは5cm、7cm、10cm四方の3種類から選ぶことができ、費用はオープニングキャンペーンにつき最大50%OFFでそれぞれ2000円、4000円、6000円です。無料で3Dデータのダウンロードも可能です。

地図画像を置き換えることもできる

地図画像を置き換えることができるため、512ピクセル四方のPNG・JPG画像を準備するだけで自分だけの3D地図を作ることができます。会社への経路、観光スポット、古地図など様々な3D地図を自由に簡単に作ることができます。

関連情報

3Dプリントできる立体地図「rinkak 凸凹地図」 (りんかく でこぼこちず)
rinkak | 3Dプリンター・3Dプリントのものづくり&マーケットプレイス







関連記事




タグ: , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る