Android News

Android(アンドロイド)ニュース

2014-05-07_12h35_46

株式会社電通、株式会社ワイヤレスゲート、株式会社OOHメディア・ソリューション(OMS)、株式会社シーエスイーと共同で推進する「無線LAN環境構築支援プロジェクト」において、JR秋葉原駅前に新たに設置される屋外広告(柱巻き広告)と無料Wi-Fiを連動させる「アキバWi-Fiシリンダー」を開発し、販売を開始したことを発表しました。

屋外広告にWi-Fiアクセスポイントを設置したもので、広告と連動したSSIDをユーザーが入力すると一旦広告主のウェブサイトが表示され、それを見た後は無料でWi-Fiが利用できるようになります。



広告と連動した無料Wi-Fiサービス、SSIDは広告主の自由

「アキバWi-Fiシリンダー」の柱巻き広告に設置されるWi-Fi APは、SSID(アクセスポイントの名前)を広告主が自由に指定できます。
このSSIDをユーザーが入力してWi-Fiに接続した際、一旦はその広告主のサイトに飛ぶものの、広告を見た後は自由にWi-Fiを使ったインターネットが利用できるようになります。

広告主・ユーザー共にメリット大

ポスターなどの広告を出していた広告主にとって「広告を見た人が即座に情報にアクセスしてくる」ようになり、またユーザーにとっても「広告を見るだけで無料でWi-Fiが利用できる」ようになるため、広告主とユーザー双方にメリットがある施策となっています。
更にこのWi-Fiを通して表示される広告ページに限定クーポンなどを設定することで、店舗への誘導といった販促企画・プロモーションも可能となり、またウェブサイトを通すことでアクセス数(反響)なども分析できるようになるとのことです。
広告の掲出期間は2週間単位となっています。

関連情報

常設のWi-Fi連動型屋外広告「アキバWi-Fiシリンダー」の販売を開始 – ニュースリリース一覧 – ニュース – 電通
常設の Wi-Fi 連動型屋外広告「アキバ Wi-Fi シリンダー」の販売を開始 (PDF)







関連記事




タグ: , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る