2014/06/3 その他

news20140603-wwdc2014-TOP

現地時間の6月2日、Apple「WWDC2014」の基調講演が行われました。
「iOS8」や「OS X Yosemite」、新プログラミング言語「Swift」などが発表。気になる「iPhone6」の発表はなかったようです。



様々な新機能が追加!「iOS8」

news20140603-wwdc2014-002

「iOS8」ではまず、通知センターの機能が強化されました。通知センターでは株価や天気などを見ることができますが、そのエリアに「ウィジェット」が追加できるように。

さらにプッシュ通知が届いた際には、利用しているアプリを閉じなくても、通知をプルダウンすればそのままメッセージに返信したりすることが可能になります。

news20140603-wwdc2014-003

iOSキーボードには「QuickType」という新しい機能が追加。入力している文脈から、次の単語の候補を予測してくれる機能となっています。
また、サードパーティ製キーボードのインストールが可能になりました。

news20140603-wwdc2014-004

NikeやFibitなど複数のアプリや連携する機器から、健康やフィットネスに関する情報を管理できる新たな機能「HealthKit」も追加されました。健康管理が捗りそうです。

その他「Siri」のアップデートや、最高6人の家族間で写真やカレンダー、リマインダーなど共有できる「FamilySharing」という機能の追加、メッセージの改良も発表され、様々な新機能が追加されることになりました。「iOS8」は今秋リリースの予定となっています。

iOSとの連携が強化された「Yosemite」

news20140603-wwdc2014-001

OS Xの新バージョン「Yosemite」では、フラットデザインの採用や透明度の高い”トランスルーセント”なタイトルバーのデザイン、検索機能「Spotight」の強化等が行われます。

クラウドストレージの「iCloud Drive」、メールアプリの機能強化、検索機能と一体化してSNSなどでの共有も容易になったブラウザ「Safari」等も発表されました。

また、「Yosemite」ではiOSとの連携が強化され、「Air Drop」がiOSとMac OS間で利用できるようになるようです。

従来よりコードが短く書ける「Swift」

news20140603-wwdc2014-005

新たなプログラミング言語「Swift」も発表されました。開発者会議ということもあり、この発表に会場の皆さん大盛り上がり。
これまでに使われてきた「Objective-C」と「C言語」の中間に位置するようなイメージで、軽快に動作するのが特徴。コードが短く書けるようになりました。

「Swift」の情報をまとめたガイドは、iBooks経由でダウンロードが可能です!

「iPhone6」の発表がなかったのは残念ですが、「iOS8」で様々な機能が追加されることに大興奮。使い勝手が格段に上がりそうです!

関連情報

WWDC – Apple Developer
Apple Apple Events – Special Event June 2014







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る