Android( class=アンドロイド)ニュース" width="640" height="30" />

2014/06/5 Android(アンドロイド)ニュース

20140605_os_share_02

Googleは、2014年6月4日までの7日間に集計されたAndroid OSのバージョン別シェア情報を更新しました。
Androidの最新バージョンKitKat(4.4)が全体の13.6%と順調にシェアを伸ばしています。一方、長らく0.1%シェアを保っていたHoneycomb(3.x)の発表は終了しました。



KitKatは順調にシェア伸ばす
バージョン コードネーム 前回(5月) 今回(6月) 増減
2.2 Froyo 1.0% 0.8% -0.2%
2.3.3-2.3.7 Gingerbread 16.2% 14.9% -1.3%
3.x Honeycomb 0.1% 発表終了  
4.0.3-4.0.4 Ice Cream Sandwich 13.4% 12.3% -1.1%
4.1.x Jelly Bean 33.5% 29.0% -4.5%
4.2.x 18.8% 19.1% +0.3%
4.3 8.5% 10.3% +1.8%
4.4 KitKat 8.5% 13.6% +5.1%

最新バージョンのKitKat(4.4)は依然としてシェアを拡大しています。今回の調査では前回から5.1%増の13.6%となっています。国内でもKitKatを搭載した夏モデルも順次発売される予定で、シェアは今後も拡大される見通しです。
 
一方、タブレット向けに最適化されたHoneycomb(3.x)のシェアは発表されませんでした。これまで長い間0.1%のシェアを保ってきましたが、今回の調査では0.1%未満に減少したことから発表は終了しました。
なお、現在はタブレット向けにも4.xのJelly BeanやKitKatが採用されています。

関連情報

Dashboards | Android Developers(英文)
Google、2014年5月のAndroid OSバージョン別シェアを発表 オクトバにおけるシェアとの比較も興味深い | オクトバ(前回の調査)







関連記事




タグ: , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る