音声通話も可!位置情報をGoogleマップで表示 MVNO SIMと組み合わせて利用するGPSトラッカー「TR-313J」

 

20140609_gps_00

株式会社GISupply(ジーアイサプライ)は、GPSで取得した位置情報を3G通信回線を使用して送信するトラッカー「TR-313J」をリリースしました。
送信した位置情報はGoogleマップなどに表示され、スマートフォンやタブレット・PCのブラウザで確認することができます。
通信はMVNOサービスを利用し、音声通話機能付きSIMカードを利用することで音声通話も可能となります。

製品の主な特徴

TR-313Jは緊急ボタン機能でトラッカー携帯者が自由に位置情報を送信することができます。
また、スマートフォン側からトラッカーにSMSを送信することにより、位置情報のリンクがついたSMSを返信させることも可能です。例えばトラッカーを子どもに持たせ、親がスマートフォンからSMSを送信して子どもの位置を把握することも可能です。

20140609_gps_02

トラッカーには音声通話機能もあるため、スマートフォン側・トラッカー側双方から通話することができます。

営業や配達などの外回りの職業や、最近ブームとなっている登山での遭難や子どもやお年寄りの安否系サービス、重機や高級車の盗難対策など、さまざまな用途で導入されています。

20140609_gps_01

本体サイズは 68×46×18mm 64gです。本体価格は24,948円(税込)で、SIMカードは別途契約が必要となります。ネットワークはNTTドコモのFOMAを利用します。

関連情報

TR-313Jは位置をスマホやPCに送信するトラッカーです|GISupply







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hiro
アプリの楽しさや便利さを皆さんに分かりやすくお伝えします!