2014/06/10 その他

20140610_toyota_pana_00

トヨタ自動車とパナソニックは、クルマと家電をつなぐサービスの共同開発を進め、今年後半にも新たなサービスの提供を開始すると発表しました。
開発中の新サービスは、6月18日より東京ビックサイトで開催される「スマートコミュニティJapan 2014」のトヨタブースで紹介されます。



クルマと家電のクラウド連携

両社は昨年6月、クルマと家電をつなぐ次世代テレマティクスサービスの開発で協力関係を構築することで合意し、お互いのクラウドをつなぐインターフェースの開発を進めてきました。
 
その成果として、クルマの位置情報と連動して、出かける際のエアコンの切り忘れ通知や、帰宅時に自宅に到着する前にエアコンの起動を勧めるなど、新しいサービスの実用化に向けて準備を進めています。
 
両社は、2社の強みを活かした新サービスの創造により、人、クルマ、家、街をつないだスマートモビリティ社会のさらなる発展に取り組んでいくとしています。

関連情報

トヨタ自動車とパナソニック、クルマと家電をつなぐサービスを共同で開発 | トヨタグローバルニュースルーム
スマートコミュニティ Japan 2014 公式ウェブサイト







関連記事




タグ: , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る