その他

20140619-TConnect-TOP

トヨタ自動車株式会社は、トヨタのテレマクティクスサービス「G-BOOK」を一新した新テレマクティクスサービス「T-Connect」を発表すると共に、T-Connect対応ナビゲーションシステム(以下 T-Connectナビ)を今夏以降に発売することを発表しました。



T-Connectの基本構成・概要

T-Connectの通信サービスは、新開発の音声対話型「エージェント」と、カーナビにアプリを追加できる「Apps」、及び従来のG-BOOKで提供の安心安全サービスや情報サービスをまとめた「オンラインケア」から構成されます。

▼ドライバー向け音声対話型「エージェント」
口頭でナビの目的地設定やニュース検索などが可能な「音声対話サービス」に加え、走行履歴情報のビッグデーターから行き先を予測して、そのルート上の事故や渋滞などを先読みして音声案内する「先読み情報サービス」を提供。

▼ナビにアプリが追加できる「Apps」
走行データや車両データ等と連動するアプリを、T-Connectナビにダウンロードして利用できるサービス。

▼更に充実のオンラインケア
従来のG-BOOKの緊急通報サービスや渋滞回避ルート案内、地図データ更新などのサービスを継続して提供。

▼ナビにWi-Fiリンク機能を装備
T-ConnectナビにはWi-Fiリンク機能が標準装備されており、スマホが無い場合でも、全国20万スポット以上の「au Wi-Fiスポット」を介してトヨタスマートセンターに接続し、各種サービスを享受できる。

▼携帯端末からも利用できる「T-Connectスマホアプリ」
エージェントやオンラインケアのサービスは「T-Connectスマホアプリ」により、スマホからでも利用可能。T-Connectナビと併用することで、走行履歴データなどをスマホで管理したりできる。

関連情報

トヨタ自動車、新テレマティクスサービス「T-Connect」を発表 | トヨタグローバルニュースルーム







関連記事




タグ: , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る