無料で読める漫画アプリ「comico」、海外市場に初進出 8月には台湾に現地法人も設立

 

2014-07-02_11h30_08

NHN PlayArt 株式会社は7月2日、スマートデバイス向けコミックサービス『comico(コミコ)』の海外市場への進出を発表しました。年内100万ダウンロードを目標に本日より台湾にてサービスを開始するとの事です。
また、8月には現地法人「台灣玩藝有限公司」を設立し、現在日本国内で行っている展開と同様に、台湾の優れた作家・作品を発掘し、『comico』に集約して同域内で公開する事業を年内に開始する予定です。

台湾で本日よりサービス開始

NHN PlayArtでは、台湾の若者世代における日本のコンテンツに対する親近感の高さなどに注目し、本日より台湾にて『comico』のサービスを開始。サービス開始時点で、日本で人気の「ReLIFE」「ももくり」「保留荘の奴ら」などをはじめとする31作品を公開するほか、順次『comico』の人気公式作品を台湾で公開していく予定です。

『comico』は、オクトバでも紹介しているのでこちらもご覧ください。
【無料で全話読める】comico : 200万人以上が読んでいる無料マンガアプリ!恋愛系からホラーまで80作品以上を掲載!【まとめ】

関連情報

comico公式サイト







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hato-sabure
アニメ・音楽・イラスト系の記事を好んで書きます。ポータブルオーディオにハマり中。