その他

2014-07-11_11h29_13

自分の耳型を使ったイヤホンといえば、イヤホン好きの方ならいわゆるCIEMを想像すると思います。音質はもちろんの事、フィット感や遮音性も優れたイヤホンです。
しかし、CIEMの作成にはインプレッション(耳型)採集や煩雑なやり取り、そして何より高価な価格帯など、なかなか手が出しにくいものです。
『Normal』は専用のアプリを使って簡単に耳型を作成し、価格もかなり抑えられており、従来のCIEMより手軽に自分専用のイヤホンを作成できます。



お手軽に自分専用イヤホンをゲット!

unnamed01

いわゆるCIEMで何かと手間のかかる耳型採集も、『Normal』では専用アプリのガイドに合わせて写真を撮るだけでOKです。
これを元に3Dプリンターで耳介(耳の凹凸部分)に引っかかる部分を作成します。

unnamed02

色は7種類の中から好きなものを選択できます。

unnamed

完成したイヤホンにはボリュームコントローラー付きのケーブルも付属します。

2014-07-11125132

肝心の本体は、アルミ削り出しのハウジング、14mmダイナミック型ドライバーを採用しています。
BA型ドライバー6基・8基が当たり前なCIEMのような音質は期待できませんが、十分なフィット感を得られるだけでも満足度は高いのではないでしょうか。

安価で手頃だけど…日本未対応!

2014-07-11_11h13_45

完成した製品はこのように耳介に沿って装着でき、滑落を防止する事ができます。市販の物より密着度が上がる事から、遮音性・音漏れの向上も見込めそうです。
価格は送料込みで199ドル(約2万円)と、10万円超えが当たり前のCIEMに比べればかなり安価ですね。

現時点で予約受け付け中ですが、残念なことにアメリカ国内のみの対応となっています。専用アプリのダウンロードも、日本のPlayストアからは行えません。
今後、アメリカ以外への対応も検討されているようなので、期待しておきましょう。

関連情報

Normal|Playストア
Normal|iTunes Store
Normal公式サイト







関連記事




タグ:

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る