Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20140716_funshitsu_00

携帯電話の紛失・盗難に関する相談が多く寄せられ、2013年度はその件数が増加していることから、独立行政法人の国民生活センターが紛失・盗難に備えた事前の心構えと準備を消費者に呼びかけています。



不正使用の相談が増加

全国の消費生活センターには、以下のような相談がよせられているとのことです。

  • なくした携帯電話を不正使用され、高額な料金を請求された
  • 紛失・盗難時に回線を止めた場合の利用料等の請求に納得できない
  • 紛失・盗難時に利用できるはずの補償サービスが利用できなかった
  • なくした携帯電話内のデータ流出が心配だ
  • 見つかったことを知らずに新しいスマートフォンを購入してしまった

 
国民生活センターは、こういったトラブルは事前に契約内容や対処方法を確認し、準備をしておくことでリスクを最小限に抑えることができるとし、具体的な対処法を紹介しています。

20140716_funshitsu_01

【紛失・盗難時に必要となる行動】

  • 携帯電話会社等が提供する携帯電話端末の遠隔ロックサービス
  • 通信回線の停止手続き
  • 警察署、関係事業者への届出

 
【日頃からの備え 】

  • 普段から消費者自身で設定できる携帯電話端末のロック機能等を活用する
  • 携帯電話をなくした際に利用できるサービスや機能、端末補償サービス内容を確認し、必要に応じて加入、登録しておく
  • 携帯電話端末内に入れてあるデータのバックアップを取っておく
  • 新しい携帯電話を購入する際は、携帯電話会社等に届けられていないかを確認する

盗難や紛失に備えて

盗難や紛失した際、GPSによる端末の現在位置の表示、端末ロック、データ消去などができる「Androidデバイスマネージャー」についてや、おサイフケータイの遠隔ロック方法、通信回線の停止手続き方法などはこちらにまとめてあります。

【スマホのコツ】スマホを紛失した!慌てる前にやるべきことを今のうちに確認しておこう | オクトバ

また、スマートフォンのロック方法を変更してセキュリティを強化する方法もあります。参考にしてみてください。
【Androidスマホのコツ】スマホには重要な情報がいっぱい!ロック方法を変更してセキュリティ性を高めよう! | オクトバ

関連情報

なくしてからでは遅い!携帯電話の紛失・盗難に備えて-「不正利用されて高額請求」、「データの流出が心配」等の相談が増加!国民生活センター







関連記事




タグ: , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る