Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

ライフスタイル

jp.co.sonysonpo.TroubleNavi-TOP

交通事故は起こさないのが1番ですが、万が一起きてしまった場合は冷静かつ迅速に、その後の対応しなければいけません。
今回ご紹介する『トラブルナビ』は、ソニー損保が提供するトラブルサポートアプリ。事故や自動車トラブルが発生したとき、どうすれば良いのかを的確にナビゲートしてくれます!


トラブルナビ
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


ユーザー情報を登録しましょう!

jp.co.sonysonpo.TroubleNavi-001

まずは、トラブルの際に関係各所にスムーズに連絡ができるよう、ユーザー情報の設定をしておくことをオススメします。
名前や電話番号といった情報の他、車の情報、保険会社などの登録も可能です。

また、ソニー損保の自動車保険の契約者であれば、トラブル現場へロードサービスを1発呼び出しすることができます。(※1)

(※1) ソニー損保の自動車保険契約者以外でも、ロードサービスの要請は可能です。

交通事故が起きたら

jp.co.sonysonpo.TroubleNavi-002

事故が起きてしまったら、トップ画面の赤色「交通事故」をタップしましょう。続いて、ケガ人の有無と事故状況を選択です。

jp.co.sonysonpo.TroubleNavi-003

「事故対応マニュアル」が出てきました。自分がどうすれば良いのか流れを教えてくれるので、マニュアルに従って対応しましょう。マニュアル上部に現在地が表示されるので、警察などに位置を教える際も、もたつきません。

最後に、テキストや写真、音声で事故メモを保存。入力した内容はそのままメール送信できます。

車の故障やトラブルが起きたら

jp.co.sonysonpo.TroubleNavi-004

車にトラブルが発生したら、トップ画面の黄色「車の故障・トラブル」をタップ。
電話でロードサービスの要請を行うことができます。ソニー損保の自動車保険に契約している場合は、「今ここGPS」という機能で、アプリの画面からロードサービスを呼び出すことが可能です。

ガソリンスタンドや自動車修理工場など、周辺施設を検索できるのも便利!

ワンポイントアドバイスをチェック!

jp.co.sonysonpo.TroubleNavi-005

トップ画面の「事故時のワンポイントアドバイス」からは、事故が起きた際はどうすれば良いのか、大事なポイントをチェックすることができます。
相手方の何の情報を確認すれば良いのか、現場状況の確認はどうすれば良いのかなど詳しく書かれているので、心強いです。

いざ事故が起きてしまうと、どうしても慌ててしまうものですよね。
夏が始まったこれからの季節、車でお出かけする機会も多くなってきます。万が一のことを考え、ぜひ皆さんもこのアプリ、試してみてください。





トラブルナビ
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 トラブルナビ
価格 無料
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン 1.0.10
デベロッパー名 ソニー損害保険株式会社[ソニー損保]
レビュー日 2014/07/09


関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る