Android News

Android(アンドロイド)ニュース

ワイモバイルが新製品・新サービスの発表会を開催し、スマートフォン、PHS、ルーターの新機種や新料金プランを発表した。また、Wi-Fi機能内蔵のSDカード「Eye-Fi」が「Eyefi」にブランド変更し、新製品と新サービスを発表した。新サービスの「Eyefi クラウド」は容量無制限で写真を保管・管理できる。



ワイモバイル新製品・新サービス

octoba-179_ymobile-1

ブランド
ウィルコムを吸収合併したイー・アクセスが社名変更したのが「ワイモバイル」で、同社は8月1日以降、「Y!mobile」ブランドで通信サービスを提供する。そのため、従来からの「イー・モバイル」「ウィルコム」ブランドも同日から「Y!mobile」ブランドに変更・統一される。「イー・モバイルショップ」や「ウィルコムプラザ」も「ワイモバイル○○」に変更される。

新製品
新製品はスマートフォン2機種、PHSケータイ4機種、モバイルWi-Fiルーター1機種。
・STREAM S 302HW(ファーウェイ製):8月1日発売
・Pocket WiFi 303HW(ファーウェイ製):8月1日発売
・STOLA 301KC(京セラ製):8月1日発売
・BISINESTA 301JR(日本無線製):8月1日発売
・DIGNO T 302KC(京セラ製):9月以降発売
・CRESTIA 402KC(京セラ製):10月以降
・LIBERIO 401KC(京セラ製):10月以降

スマートフォンはSTREAM SとDIGNO Tで、どちらもAndroid 4.4を搭載する。STREAM Sは薄型軽量スマートフォンで、DIGNO Tは防水・防塵・耐衝撃性能のタフなスマートフォン。

octoba-179_ymobile-streams.s

octoba-179_dignot.s

PHSケータイは8月1日に登場するのは2機種で残りの2機種は10月以降。8月登場の2機種はSTOLAとBISINESTAで、後者は法人向け。STOLAは約75gのシンプルケータイで、ブラウザは利用できない。BISINESTAはブラウザ、ICレコーダー機能などを備え、内線用の子機としての使用も可能。

octoba-179_ymobile-stola.s

octoba-179_ymobile-bisinesta.s

10月発売予定のCRESTIAとLIBERIOはBlutooth搭載機種でスマートフォンの子機として使うことができる。

octoba-179_ymobile-crestia.s

octoba-179_ymobile-liberio.s

モバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 303HW」はイー・モバイル、ソフトバンクモバイルの回線も利用できるルーターで、ワンセグ/フルセグチューナーを内蔵し、ワンセグ/フルセグ非対応のスマートフォン/タブレットでも専用アプリでテレビを視聴できるようになる。

octoba-179_303hw.s

新料金プラン
ワイモバイルはスマートフォン向けに新料金プランを用意した。月間データ通信量ごとに3プラン用意する。月額2,980円の「スマホプランS」は1GB、月額3,980円の「スマホプランM」は3GB、月額5,980円の「スマホプランL」は7GB。音声通話は1回あたり10分以内の国内通話が300回までは無料。

定額掛け放題にしたい場合は、オプションの「スーパーだれとでも定額」を利用すればいい。これは月額1,000円。

Yahoo! JAPANとの連携
Y!mobileのユーザーは、下記のサービスを無料で利用できる。パケットマイレージは、「Yahoo! JAPAN」のサービス利用実績に応じて、翌月に利用可能なデータ通信量を獲得できるサービス。

・Yahoo! JAPAN ID
・Y!mobile メール
・Yahoo!ボックス:30GBまで
・パケットマイレージ
・Yahoo!ウォレット

新製品

Eyefi クラウド、Eyefi Mobi 新モデル3製品
アイファイジャパンはWi-Fi機能内蔵SDカードのブランドを「Eye-Fi」から「Eyefi」に変更することと、クラウドサービス「Eyefi クラウド」、新製品「Eyefi Mobi」3モデルを発表した。

octoba-179_eyefi-1.s
Eyefi Mobiカード

Eyefi Mobiは8GB、16GB、32GBの3モデルで、7月18日に発売となった。これらの製品にはEyefi クラウドを90日間無料で利用できる無料メンバーシップが付いてくる。また、既存のEye-Fiカードのユーザーも新たにリリースされたアプリで登録することで、90日間の無料メンバーシップを入手できる。

Eyefi クラウドは容量無制限で写真をアップロード、保管できるサービスで、複数端末間で同期をとることもできる。Eyefi Mobiカードをセットしたデジカメの写真は連携したスマートフォンのEyefi Mobiアプリを通してEyefi クラウドへアップロードされる。この写真は即座に各端末向けにリサイズされたバージョンも作成され、Eyefi Mobiアプリを利用している各端末へダウンロードされ、同期がとられる。

octoba-179_eyefi-2.s
Eyefi クラウドについて

  

GALAXY Tab Sが8月1日発売へ

octoba-179_galaxytabs-2.s01
GALAXY Tab S 10.5

サムスン電子ジャパンはAndroidタブレット「GALAXY Tab S」シリーズを8月1日に「GALAXY SHOP」で販売開始すると発表した。販売される端末は10.5インチと8.4インチのディスプレイサイズで、どちらもWi-Fi対応モデル。

ディスプレイの解像度はどちらも2,560×1,600ドットで、プロセッサは1.9GHzのクアッドコアと1.3GHzのクアッドコアから構成される、計オクタコアとなっている。メモリは3GBで、ストレージ容量は8.4インチモデルが16GB、10.5インチモデルが32GB。どちらも32GBのmicroSDカードがパッケージに同梱される。

本体サイズは8.4インチモデルが約212.8×125.6×6.6mmで、重さは約294g。10.5インチモデルは約177.3×247.3×6.6mmで重さは約465g。

octoba-179_galaxytabs-1.s
GALAXY Tab S 8.4

通信事業者

ドコモ、利用料金明細を紙媒体からデジタルメインへ
NTTドコモ(以下、ドコモ)は2015年2月(1月利用分)から、携帯電話の利用料金明細を紙媒体から「eビリング」を標準にする。eビリングは、利用料金の支払い方法がクレジットカード払いか口座振替の方を対象にウェブやメールで確認できるサービスだが、これが標準になる。

ただし、紙媒体での明細を望む人は50円の発行手数料は掛かるが、発行・郵送できる。請求書払いの方は、支払い方法変更の申し出が無い場合、100円の発行手数料で請求書が発行される。

紙媒体での案内の申込は9月1日からドコモショップ、ドコモ インフォメーションセンター、My docomoで受け付ける。

新アプリ

マジック2015 – デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ
トレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」のデジタル版ゲームの最新作「マジック2015 – デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ」が17日に配信開始となった。Android、iPad、Amazon Kindle Fire、Xbox Liveアーケード、PC(Steam)で展開されている

octoba-179_magic2015-1.s01

マジック2015では人気声優の浪川大輔氏を起用していることも特徴で、5つの次元を旅しながら戦っていくストーリーを浪川氏が演じるキャラクター「ジェイス・ベレレン」が案内する。

全国のカードショップと連動したキャンペーンも実施される。製品版を購入することで、プロモーションブースターパックやハーフデッキといったリアルカードと引き換えができる引換コードを入手することができ、店舗へ持参すればそれらを貰うことができる。

octoba-179_magic2015-2.s

あとがき

マジック2015はマジック2014よりも良くできています。マジック:ザ・ギャザリングをまだ遊んだことがない方もチュートリアルである程度学ぶことができるのでオススメです。ただ、できれば最初にウェブサイトなどで簡単にルールをチェックしておく方がよいです。いずれにしても、デジタルゲームは取っ付きやすいのでオススメです。

GAPSISがお伝えしました。次回もお楽しみに!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る