Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20140723-ict-0

株式会社ICT総研が18日、2014年7月時点での、スマートフォンのつながりやすさ満足度に関する調査結果をまとめ、同社のページで公開しています。これは全国のユーザーに対してWebアンケートを行って調査したもので、現時点でのユーザーの声をまとめたものです。



満足度No1はau

20140723-ict-1

回答者数はNTTドコモ=2538、au=2491、ソフトバンク=2471
100点満点換算満足度ポイントは、「満足」=100、「どちらかと言えば満足」=75、「どちらとも言えない」=50、「どちらかと言えば不満」=25、「不満」=0として換算したもの。

キャリア別の満足度を比べるとauが70.5ポイントでトップ。全体の7割以上が満足もしくはどちらかと言えば満足と答えています。
先日のRBB TODAY SPEED TESTの分析レポートでもauはスピードでトップでした。この辺りも満足度に関わってきていると思われます。

キャリアアグリゲーション&WiMAX2+の相乗効果、最新Android端末の平均ダウンロード速度はauがトップ! | アンドロイドアプリならオクトバ

都道府県別では1位・宮崎県、2位・静岡県、3位・福岡県

20140723-ict-3
クリックで拡大します

都道府県別に見ると、満足度の順位は上から1位 宮崎県(70.8ポイント)、2位 静岡県(70.6ポイント)、3位 福岡県(70.1ポイント)となり、この3県のみが3社平均で70ポイントを超えています。
逆に満足度が低いのは東京都(60.8ポイント)、青森県(62.5ポイント)、石川県(63.1ポイント)となっています。

各キャリアから発表される「つながりやすさ」は測定方法が(今後統一される動きもありますが)バラバラでいまいち掴みにくいこともあります。こういったユーザーの実際の声を拾ったデータがあると、その実態も見えてくる気がします。

関連情報

2014年7月 スマートフォン つながりやすさ満足度調査:レポート|ICT総研 市場調査・マーケティングカンパニー







関連記事




タグ: , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る