Android News

Android(アンドロイド)ニュース

Xiaomi

市場調査会社Canalysが8月4日に発表したレポートよると、2014年第2四半期(4~6月)の中国市場におけるスマートフォンメーカーのシェアにおいて、2年以上に渡って首位を守ってきた韓国Samsungが2位に転落した事が分かりました。
また、爆発的にシェアを伸ばした中国Xiaomi(小米科技)は、初めて首位を獲得しています。



ローエンドモデルが好調、爆発的にシェアを伸ばす

pr20140804a
中国市場におけるスマートフォン出荷台数 Canalys調べ

Xiaomiは前年同月比240%増の約1,500万台で、中国市場において14%のシェアを獲得。続くSamsungのシェア率は12%となりました。3位には同率で中国Lenovo、中国Yulong、5位に中国Huaweiがランクインしています。
Xiaomiは低価格・ハイスペックなハイエンドモデル「Mi 4」を製造・販売する一方、ローエンドシリーズである「Redmi」などの売れ行きが好調で、今後もシェアは拡大すると見られています。
ただし、Xiaomiが今後も成長していくには「Mi 4」のようなハイエンドモデルの業績を伸ばすことが必要、との見方もあるようです。

日本国内でもSamsungのシェア低下が報じられましたが、世界的に見ても同様のようです。それでも世界シェア1位の座は依然として守られていますが、今後の動向が気になるところです。

関連情報

Xiaomi tops Samsung as China’s largest smartphone vendor|cnet(英文)
Xiaomi becomes China’s top smart phone vendor|canalys(英文)







関連記事




タグ:

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る