Android( class=アンドロイド)ニュース" width="640" height="30" />

2014/08/13 Android(アンドロイド)ニュース

20140813_os_share_00

Googleは、2014年8月12日までの7日間に集計されたAndroid OSのバージョン別シェア情報を更新しました。
最新バージョンのAndroid 4.4(KitKat)が初めて2割を突破しました。一方、Android 4.1-4.3(Jelly Bean)は依然として半数以上のシェアを保っています。



KitKatが2割を突破
バージョン コードネーム 前回(7月) 今回(8月) 増減
2.2 Froyo 0.7% 0.7% 0%
2.3.3-2.3.7 Gingerbread 13.5% 13.6% +0.1%
4.0.3-4.0.4 Ice Cream Sandwich 11.4% 10.6% -0.8%
4.1.x Jelly Bean 27.8% 26.5% -1.3%
4.2.x 19.7% 19.8% +0.1%
4.3 9.0% 7.9% -1.1%
4.4 KitKat 17.9% 20.9% +3.0%

昨年11月にリリースされたAndroid 4.4(KitKat)はシェアを伸ばし続け、約10ヶ月で2割を突破しました。Jelly Beanは全体(4.1-4.3)では54.2%でした。緩やかにシェアを落としているものの、未だ半数以上のシェアとなっています。

次期バージョンとなるAndroid Lのリリースまでは、しばらくこの傾向が続くと予想されます。

また、ここ数ヶ月は毎月1〜2%ずつシェアを減らしてきたGingerbread(2.3.3-2.3.7)は、今回の調査では0.1%ながらシェアを増やしています(イレギュラーなものだと思いますが…)。

関連情報

Dashboards | Android Developers(英文)
Google、2014年7月のAndroid OSバージョン別シェアを発表 オクトバではJelly Bean(4.2)が世界シェアの2倍に | オクトバ(前回の調査)







関連記事




タグ: , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る