Android(>アンドロイド)ニュース

2014/09/9 Android(アンドロイド)ニュース

20140909_kurikoshi_00

NTTドコモは、新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の「パケットパック」に、使わなかったデータ量を翌月に繰り越せる「パケットくりこし」を導入します。

また、追加購入できるデータ量の利用期間を延長するとともに、ひとりで利用しているユーザー向けに8GBまで利用可能な「データLパック」を追加します。



翌月まで繰り越せる

「パケットくりこし」は、使い切れなかったデータ量を1GB単位で翌月に繰り越すことができます。

対象の料金プランは「データMパック」「データLパック」「シェアパック10〜30」「ビジネスシェアパック10〜3000」です。「U25応援割」「iPhoneボーナスパケットキャンペーン」などのボーナスパケットは対象外です。

翌月のデータ量の使用順序は、(1)パケットパック利用可能データ量(2)ボーナスパケット(3)くりこしデータ量(4)追加購入データ量です。

適用開始日は2014年10月1日(10月未使用分を11月へ繰り越し)です。

追加購入データ量の利用期間延長

「パケットパック」の利用可能データ量を超えても通常速度で利用できるよう、追加で購入したデータ量(1GB1,000円)の利用期間を延長します。
これまでは購入月の末日までですが、2014年10月購入分からは購入月の翌月末日までになります。

対象は、「スピードモード」で追加購入したデータ量、「1GB追加オプション」で追加購入したデータ量です。

「データLパック」追加

家族ではなくひとりでスマートフォンやタブレットを利用しているユーザー向けに、「データLパック」を2014年9月19日より提供します。

これまでは「データSパック」(2GB/月3,500円)、「データMパック」(5GB/月5000円)でしたが、「データLパック」は月6,700円で8GBまで利用できます。



ソフトバンクの新料金プランも「データくりこし」がありますが、家族間データシェアを利用すると繰り越すことはできません。そのためドコモは、「家族まとめてくりこせるのはドコモだけ」と案内しています。
また、8GBのデータプランはauでも用意されていますが、auが月6,800円なのに対し、ドコモは100円安い月6,700円に設定しています。

関連情報

報道発表資料 : 新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」に「パケットくりこし」等を追加 | NTTドコモ
カケホーダイ&パケあえる : 料金表 | NTTドコモ







関連記事




タグ: , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る