Google Playストアの有料アプリ払い戻し期限が2時間に変更!これでじっくり試せます

 

20140911-play-1

Google Playストアでの有料アプリやゲームを購入後、払い戻しできる期間が従来の15分から2時間へと変更されました。

15分→2時間に変更

20140911-play-2

Google Playのアプリやゲームは、購入後でも返品払い戻しが可能です。その期間はGoogle Playの前身、Androidマーケットでは当初24時間でしたが、2010年12月に15分に短縮されました。
これでは短すぎるという意見もあり、とくに最近では容量の大きなゲームアプリもあり追加データをダウンロードしている間に15分経ってしまう可能性もありました。

数週間前から、15分を過ぎてからも返品できたという報告がいくつかありましたが、正式な発表はありませんでした。今回Google Playのヘルプページが更新され、返品期間が2時間と文章の上でも変更されました。払い戻し可能な回数は1回のみのままであり、1度払い戻ししたアプリは、再び払い戻しを受けることはできません。

24時間では小さな規模のゲームアプリなど、遊びつくしてしまうこともありましたが、さすがに15分は短かったと思います。今回の2時間という長さはちょうどいい時間ではないでしょうか。

関連情報

アプリの購入をキャンセルする – Google Play ヘルプ
有料のアプリやゲームを返品する – Google Play ヘルプ







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。