「最後に起動したアプリ」に一発で戻れる! : LAS: Last App Switcher

 

com.abhi.lastappswitcher-1-1-1

たとえばブラウザを開いてウェブページを眺めていた時にメールが届いたとします。
通常は通知をタップしたりホーム画面に戻ってからメーラーを起動し、メールを閲覧・返信してから端末の履歴キーを押してブラウザに戻りますよね。

『LAS: Last App Switcher』を入れておけばタップ1回で戻れるようになります。

LAS: Last App Switcher
価格:無料
開発:InPen


起動方法その1:フロートボタン

com.abhi.lastappswitcher-2

アプリは日本語化されています。
起動方法のデフォルトはフロートボタン(バブル)になっており、こちらの方法では画面内にオーバーレイで小さなボタンが常駐します。
ここをタップすると「最後に開いたアプリ」が自動的に起動します。

com.abhi.lastappswitcher-3

「設定」カードをタップして展開すると細かな調整が行えます。
通知に常駐させることでタスクキルされる可能性を低下させたり、ホームアプリを履歴から除外することで「最後に開いたアプリ」として認識されないようにできます。

com.abhi.lastappswitcher-4

またフロートボタンはサイズやデザイン、透過率を選べるようになっています。

起動方法その2:アシスト

com.abhi.lastappswitcher-5

画面内にボタンを置くと邪魔になる場合はこちらを使うと良いでしょう。
起動方法に「ショートカット」を選ぶと、ホームキーを上スワイプした時に呼び出せる「アシスト」に指定できます。

タスクスイッチャーの機能の中でもとりわけ出番の多い「Load Last App」に特化したアプリといえます。いわゆる「Alt+Tab」のような使い方なので、メールからゲームに復帰、ブラウザからSNSに復帰などバックキーでできない操作を実現してくれます。
またこのアプリが呼び出すのが「最後に起動したアプリ」であるところも重要で、単純に考えて一番最後に起動したものであればタスクキルされず残っている場合が多いと思われるため、きっと使いやすいと思います。

満足した場合Donate版を購入することで開発を支援できます。Donate版は204円ですが、執筆時点現在では寄付専用となっており、特に何かするアプリではないようです。
本体は無料で使えるわりに広告が入っていませんので、余裕のある方は購入してあげると良いかと思います。




LAS: Last App Switcher
価格:無料
開発:InPen





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名LAS: Last App Switcher
対応OSAndroid 3.0 以上
バージョン1.98.2
提供元InPen
レビュー日2014/10/08
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者