フリックで罠を避けろ!可愛い絵して油断ならないRPG : どこでもダンジョン

 

com.gameon.dungeon-0

フリック操作でダンジョン内の罠をかわせ!
機械的にモンスターを倒していくRPGにはもうウンザリ、そんなあなたにオススメしたいRPGが『どこでもダンジョン』です。ダンジョンに挑戦中は一時も油断できない新感覚なスマホRPGですよ。

どこでもダンジョン フリック操作の基本無料召喚RPG
価格:無料
開発:GameOn Co., Ltd.


ストーリーはなかなかシリアス

com.gameon.dungeon-1

「あの方」と呼ばれるも記憶のない主人公、それに使える2人の少女、そして彼女らを「呪われし者ども」と呼ぶ謎の女…。

見た目のかわいさに騙されそうになりましたが、ストーリーは序盤からなかなかのシリアスさを持っています。失われた記憶と力を取り戻すため、あなたは旅立ちます。

シナリオは主にキャラクターの会話で進み、各ステージごとに用意されています。単純に戦闘を繰り返すだけのRPGじゃ、ないんです!

罠がいっぱいで油断ならないダンジョン

com.gameon.dungeon-2

全体的なシステムは、よくあるスマホRPGと似ています。主人公が手に入れたユニットでパーティーを組み、各ステージに用意されたダンジョンに挑みます。
ダンジョンはそれぞれ何回かの戦闘があり、踏破率が100%になるとクリアとなります。

com.gameon.dungeon-3

しかしこのダンジョンがまた独特のシステムを持っているんです!
主人公たちを待ち受けるのは敵キャラだけではありません。各所に設置された罠があり、それをフリック操作で避けていかなくてはなりません。上手くタイミングを合わせて避けないとダメージを食らってしまい、避ければ必殺技に必要なゲージが溜まっていきます。

罠は上下左右から現れますし、連続で出現したりタイミングもなかなか難しかったりするので、ハッキリ言って油断できません。

戦闘はかなり派手!

com.gameon.dungeon-4

戦闘は主人公と「精霊」と呼ばれるユニットによって行われます。
敵も味方も可愛い精霊ですが、戦闘のエフェクトは派手目で楽しいです。ゲージが溜まった時に発動できる超必殺技のようなディバインフォースは画面全体を使って爽快ですよ!

200体以上のかわいい精霊たち

com.gameon.dungeon-5

登場する精霊は200種以上います。まだ序盤で☆が小さいものばかりだからかもしれませんが、かわいい系のものが多いです。

com.gameon.dungeon-6

合成・強化・進化といったシステムも用意されており、進化すると名前や姿も変わります。うまく強化させていけば最初は☆1の精霊でも☆を増やしていけるようです。

主人公の見た目も変化

com.gameon.dungeon-7

主人公が装備できるアイテムも大量に用意されており、装備できる箇所も6箇所と豊富です。
メイン武器の属性により主人公のグラフィックも変わるのがいいですね。

精霊・アイテムは合成して強化

com.gameon.dungeon-8

精霊やアイテムは合成することによって強化していくことができます。どちらも女の子キャラが迎えてくれますが、かわいいですね。タップするごとにセリフと表情が変わるので、何度でもタップしてしまいます。

ユーザー対戦もあります

com.gameon.dungeon-9

レベル10を超えるとアリーナでユーザー同士の対戦に参加することができます。ただこのアリーナでの大会は毎週土曜日の午後のみの開催となっています。それとは別にフレンドとバトルすることもできます。

なお、アリーナのお姉さんであるヘレナさんはメガネのお姉さんですが、タップすると時々メガネを外してくれます。

戦闘自体はオートでも進めることができるのですが、戦闘以外のダンジョンが油断ならないというのが本当に新感覚です。ついつい単調になりがちなスマホゲームですが、いつまでも緊張感を持って挑むことができます。
ストーリーもしっかりしていますし、そのあたりに重点を置くプレイヤーの方にも満足してもらえるRPGだと思います。




どこでもダンジョン フリック操作の基本無料召喚RPG
価格:無料
開発:GameOn Co., Ltd.





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名どこでもダンジョン フリック操作の基本無料召喚RPG
対応OSAndroid 2.3 以上
バージョン1.0.1
提供元GameOn Co., Ltd.
レビュー日2014/10/09
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。