Android(>アンドロイド)ニュース

2014/10/9 Android(アンドロイド)ニュース

20141009-line-00

LINE株式会社は10月9日、事業戦略発表イベント「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」を開催し、新サービスやパートナーシップ戦略および今後の事業構想に関する発表を行いました。

LIFEプラットフォーム領域に続き、エンターテインメントプラットフォーム領域でも多くの発表が行われました。



「LINE GAME」提供タイトルのラインナップ拡充

20141009-line-1

LINEのゲーム配信プラットフォーム「LINE GAME」では、これまで「LINE:ディズニー ツムツム」「LINE レンジャー」などカジュアルゲームを中心に提供してきましたが、今後、ミドルコア~コアゲームも含めた、より多様性のあるラインアップを提供していくことで、グローバルプラットフォームとして更なる飛躍を目指します。

「LINE GAME」では、2014年秋以降、以下のタイトルを順次公開予定です。(五十音順)
・LINE アルビオン戦記(シュミレーションRPG)
・LINE 英雄の軍団(シュミレーションRPG)
・LINE トリオ(パズルゲーム)
・LINE POP2(パズルゲーム)

先日ご紹介した『LINE レヴァナントゲート』も壮大なRPGでしたが、そういったタイトルが今後増えていくものと思われます。
僕達がやりたかったのはこれだ!壮大な本格RPGがLINEゲームに登場! : LINE レヴァナントゲート | オクトバ

グリー株式会社および株式会社サイバーエージェントとの新会社設立

グローバルで通用するコンテンツ開発のために、グリー株式会社および株式会社サイバーエージェントと、それぞれ共同出資による新会社設立について基本合意書を締結しました。グリー株式会社との新会社名は「Epic Voyage株式会社」。

それぞれの強みを活かして、世界的に競争力のあるゲームコンテンツを開発し、LINEのゲーム配信プラットフォーム「LINE GAME」を通じてユーザーに提供することになります。

ゲームファンドを通じた株式会社トランスリミットへの出資

20141009-line-3

日本国内のゲームコンテンツ開発会社およびゲームコンテンツへの投資を目的として設立したLINE Game Global Gateway 投資事業有限責任組合を通じて、株式会社トランスリミットへの出資実行について合意しました。

トランスリミットは、アメリカやアジア圏等を中心に、世界150カ国以上のユーザーに利用されている対戦型知的ゲーム「BrainWars」など、グローバルでの実績を持つ会社です。今後、LINEは、ゲームコンテンツ開発を資金面で支援し、トランスリミットは、LINEがグローバルで保有する豊富なユーザー基盤を活かした、新たなゲームコンテンツの開発に着手していきます。

Brain Wars : 世界中の人とリアルタイムバトルができる脳トレアプリ! | オクトバ

LINE MUSIC

20141009-line-2

エイベックス・デジタル株式会社、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、およびLINE株式会社が基本合意書を締結し、三社共同出資による新会社LINE MUSIC株式会社(仮称)を設立します。

「LINE MUSIC」は、この会社にて展開予定のサブスクリプション型音楽ストリーミングサービスです。年内のリリースを目指し、「LINE MUSIC」の立ち上げに向けて、三社を中心に具体的な協議を進めていきます。

LINE公式ブログ

公開予定:11月4日 対象国:日本

「LINE公式ブログ」は、アーティストやタレントなどの著名人が参加することのできるブログサービスです。アーティストやタレントは、「LINE公式ブログ」を開設することにより、一般的なブログサービスと同様に広く情報発信ができるだけでなく、LINE公式アカウント、LINE MALL、LINE PLAYなど、LINEの周辺サービスと連携することで、LINEのプラットフォーム上で広くプロモーションやマーチャンダイジング(物品販売)を行う機会を得ることができます。今後、参加者の枠を拡大していく予定です。

LINE有料公式アカウント

公開予定:2014年内 対象国:日本

「LINE有料公式アカウント」は、アーティストやタレントなどの著名人が、当該公式アカウントの購読者を対象に、限定した情報の配信を行うことのできるサービスです。LINE内の幅広いユーザーを対象に情報発信をすることができる従来の公式アカウントに比べ、よりコアなファンに向けて深い情報を提供していくことで、ファンクラブ組織として活用することができます。課金手法として、「LINE Pay」との連携を予定しています。

関連情報

LINE、事業戦略発表イベント「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」を開催|LINE Corporation | ニュース







関連記事




タグ: , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る