2014/10/9 その他

20141009_ana_wi-fi_00

2014年3月から国際線で機内インターネット接続サービス「ANA Wi-Fiサービス」を提供している全日空が、国内線にもWi-Fiサービスを導入すると発表しました。
2015年度サービス開始予定です。



787や777など国内線約100機で利用可能に

国内線での対象機材はボーイング787-8、787-9、777-200、777-300など合計約100機で、2015年度内にサービス開始予定です。

また、国際線でも対象機材をボーイング787-8、787-9などに拡大、既に導入済みの28機を含め、合計約60機で利用できるようになります。

気になる料金は?

「ANA Wi-Fiサービス」の国内線でのサービス提供会社、料金体系などは未定で、決定次第発表されます。

ちなみに、既に国内線でWi-Fiサービスを提供している日本航空の場合、搭乗路線や利用機器(スマホ/タブレット/PC)に関わらず均一料金の「時間制プラン」の場合は30分あたり400円、搭乗路線や利用機器により料金が異なる「フライトプラン」(時間制限なし)の場合、500円〜1,200円となっています。

スカイマークは無料でWi-Fiサービスを提供しています。

関連情報

機内インターネット「ANA Wi-Fiサービス」の国内線への導入を決定|プレスリリース|ANA
【ニュース】日本航空、国内線初となるインターネットサービスを7月より開始へ 動画など無料コンテンツも提供 | オクトバ
本日より航空機内での電子機器の使用制限が一部緩和、スマホやデジカメなども利用可能に | オクトバ







関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る