2014/10/20 その他

20141020_streetview_00

Googleは、今年夏から秋にかけて撮影した三陸海岸のストリートビューを公開しました。
これは今年6月に開始した「海からのストリートビュープロジェクト」によるもので、漁船を使用し、釜石や大船渡など8エリアを撮影しました。



被災地を海から記録

「海からのストリートビュープロジェクト」は、東日本大震災で大きな被害を受けた地域を記録する「東日本大震災デジタルアーカイブプロジェクト」の一環で、これまでの陸からのストリートビューに加え、新たに海からの視点を記録していく取り組みです。
Googleが「海からのストリートビュープロジェクト」開始、被災した三陸海岸を撮影して来年公開 | オクトバ

20141020_streetview_01

公開されたストリートビューは今年6月から9月にかけて撮影した、大槌、釜石、大船渡、陸前高田、気仙沼、南三陸、雄勝、塩竈の8エリアです。

専用のマウントを使って漁船に取り付けた撮影機材「トレッカー」を使用し、地元の経験豊富な漁師さんたちが、養殖場や岩礁を避け、可能な限り陸に近づきながら船を操縦し、総撮影距離400kmを撮影しました。

20141020_streetview_02



撮影の様子などはYouTubeで公開されています。

三陸を海から、地元で活動する人々がストリートビュー – YouTube

関連情報

三陸を海からストリートビュー – ストリートビュー – Google マップ
Google Japan Blog: 東北海からのストリートビューを公開します







関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る