Googleの新しいメールサービス「Inbox」が始動!まずは招待制でスタート!

 

20141023-inbox-0

Googleは22日、Gmailのチームによる新しいメールサービス「Inbox」を発表しました。Gmailと同じチームが扱うものですがGmailとは別に存在し、全く別の種類のもの、となっています。

Inbox by Gmail
価格:無料
開発:Google Inc.


Gmailとは別の、新しいメールサービス


The Inbox that works for you

InboxはGmailと同じ、メールサービスという枠にはありますが、Googleはそれを「新しい何か」としています。メールを送り合うことはもちろんできますが、スワイプで操作をしたり、あとで読む「スヌーズ」機能やtodoリストの作成機能といった最近のメールアプリにあるような機能を取り込み、さらにはGoogle Nowのようなアシスト機能まであります。

自動的にカテゴリ分けされるBundles

20141023-inbox-1

Inboxではメールを自動的にカテゴリ分けしてくれます。
広告・購入・旅行といったカテゴリが用意され、自分で新しく作ることもできます。

重要な部分を抜き出すHighlights

20141023-inbox-2

メールの中身から、重要な部分を抜き出してリスト表示の中に表示させることができます。例えばAmazonからの発送通知ではその商品の画像と、配達状況へのリンクを表示します。

Reminders

20141023-inbox-3

メールだけでなく、自分へのリマインダーを入力・表示させることもできます。

あとで読むSnooze

20141023-inbox-4

メールを今すぐに読まず、あとで読むために指定した時間に再送させることができます。

アプリ版も公開

20141023-inbox-5

Inboxは現在、Web版、Android版、iOS版が提供されています。
ただし、現在は招待制となっており、誰かから招待されないと使うことはできません。これは最初期のGmailと同じ動きですね。周りに招待してくれる人がいない場合は、inbox@google.comへ空メールを送ることで招待をリクエストすることができます。(あくまでリクエストなのですぐに使えるわけではありません。)

全体的なUIもマテリアルデザインが使われており、新しい時代のメールサービスを感じさせます。Gmailとは別に存在していますが、アプリ名は「Inbox by Gmail」ですし、紹介のページには「Inbox runs on Gmail.」という記述もあります。あくまで基本はGmailなのでしょうか。

関連情報

Official Google Blog: An inbox that works for you
Inbox by Gmail – the inbox that works for you




Inbox by Gmail
価格:無料
開発:Google Inc.





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Inbox by Gmail
対応OSAndroid 4.1 以上
バージョン1.0
提供元Google Inc.
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。