Twitter、モバイル開発者向けカンファレンス「Twitter Flight」開催

 

fabric

Twitterは現地時間10月22日、サンフランシスコにてモバイル開発者向けカンファレンス「Twitter Flight」を開催し、モバイルアプリ向け新SDK「Fabric」を発表しました。
これまで提供してきた開発者向けツールに加え、電話番号とSMSでログインできる「Digits」を搭載しています。

ユーザー認証の新たなスタンダードに

fabric-mobile-development-solved

「Fabric」は、従来のAPIやOath、「Crashlytics」「MoPub」などのツールを一元管理する事ができ、数行のコードを追加するだけで簡単に組み込む事ができるそうです。

digits-onboarding-users-love

また、新機能として「Digits」を搭載しており、国番号と電話番号を入力、SMSで送られてくる認証コードを入力する事で、対象サービスの新規アカウント開設を行えるようになります。
これはTwitterのアカウントとは別物であり、ソーシャルネットワークとは連携しない為、対象のSNSアカウントとのヒモ付けも不要で、余計なツイートやポストを行うこともないとの事です。

Twitterは、電話番号を「絶対に忘れる事のないアカウント」としており、従来の複雑なパスワードなどを必要としないこの機能が、ユーザー認証における今後のスタンダードになると考えているようです。
「Digits」は、サービス開始直後から216ヶ国28言語に対応しています。

関連情報

Fabric|Twitter
Twitter Japan Blog







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hato-sabure
アニメ・音楽・イラスト系の記事を好んで書きます。ポータブルオーディオにハマり中。