その他

20141111_nec_ninsyo_00

NECは、工業製品や部品の表面に自然発生する微細な紋様(物体指紋)をもとに、個体識別する「物体指紋認証技術」を開発したと発表しました。
スマートフォンやタブレット端末の内蔵カメラを使用し、人間の目では判別が困難な製品の個体を瞬時・高精度に識別することが可能になりました。



スマホカメラで判定

開発された「物体指紋認証技術」は、金属やプラスチック製品・部品の表面に、製造時に自然発生する微細な紋様(物体指紋)を画像認識し、クラウドを介して事前に登録したデータベースと照合することで、個体や製造元を識別します。

物体指紋は人間の指紋のように個体や製造元ごとに異なり、人間の目では判別が難しいほど微細なため、意図的に加工することは困難です。

これまでは識別用のタグを取り付けたり、特殊加工を施していましたが、今回の技術開発により、低コストかつセキュアに製品の個体識別が可能となりました。

20141111_nec_ninsyo_01

スマートフォンやタブレット端末のカメラ部分に専用アタッチメントを取り付けて撮影するだけのため、誰もが、いつでも、どこでも製品を識別・認証できることが可能です。

20141111_nec_ninsyo_02

この技術の適用例として、次のような事例を紹介しています。

  • 流通トレーサビリティ:いつ、誰が、どの店舗で購入したか。販売店や製造ルートの特定による製品保証の信頼性向上、製品プロモーション
  • 真贋(しんがん)判定:模造品対策、ブランド保護
  • 部品管理・保守作業管理:ネジやボルトなど、タグやシリアルナンバーを付けることが困難な小部品の物体指紋を登録。保守点検作業の効率化や付け間違えによる事故防止

NECは、今後実用化を進め、製造業や流通業など様々な業種への展開を目指すとしています。

関連情報

NEC、世界初の「物体指紋認証技術」を開発 (2014年11月10日):プレスリリース | NEC







関連記事




タグ: ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る