Android( class=アンドロイド)ニュース" width="640" height="30" />

2014/12/2 Android(アンドロイド)ニュース

20141202_os_share_00

Googleが2014年12月1日までの7日間に集計されたAndroid OSのバージョン別シェア情報を更新しました。
今回発表されたデータでは、Android 4.1-4.3(Jelly Bean)が50%を下回りました。



Jelly Beanが半数割る
バージョン コードネーム 前回(11月) 今回(12月) 増減
2.2 Froyo 0.6% 0.5% -0.1%
2.3.3-2.3.7 Gingerbread 9.8% 9.1% -0.7%
4.0.3-4.0.4 Ice Cream Sandwich 8.5% 7.8% -0.7%
4.1.x Jelly Bean 22.8% 21.3% -1.5%
4.2.x 20.8% 20.4% -0.4%
4.3 7.3% 7.0% -0.3%
4.4 KitKat 30.2% 33.9% +3.7%

前回のデータと比べ、Android 4.4(KitKat)以外の全てバージョンがシェアを減らしています。

シェアトップは引き続きAndroid 4.1-4.3(Jelly Bean)ですが、Jelly Bean全体は前回の50.9%から48.7%へと減少し、半数を割りました。

次いで2位はAndroid 4.4(KitKat)の33.9%、Android端末の3台に1台がKitKatを搭載した端末ということになります。

先月から最新のOS Android 5.0(Lollipop)の配信が始まっていますが、今回のデータでは公表されていません。現在のところNexusシリーズなど限られた機種のみのため、シェアもかなり低いことが予想されます(0.1%に満たない場合はデータとして公表されません)。次回更新されるデータではLollipopのデータも公表されるのではないかと思われます。

関連情報

Dashboards | Android Developers(英文)
Googleが2014年11月のOSバージョン別シェアを発表、Android 4.4が3割突破 | オクトバ(前回の調査)







関連記事




タグ: , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る