Android( class=アンドロイド)ニュース" width="640" height="30" />

2014/12/8 Android(アンドロイド)ニュース

20141208_sbm_galaxy_tab_00

ソフトバンクモバイルが、サムスン製のタブレット端末「Galaxy Tab 4」を12月中旬より発売すると日本経済新聞が報じています。
同社が現在個人向けに取り扱っているタブレット端末はAppleの「iPad」のみで、Androidタブレットを取り扱うのは初めてです。



2色展開で12月中旬発売へ

「Galaxy Tab 4」はAndroid 4.4のタブレット端末で、7インチディスプレイ(1280 x 800)、1.2GHz クアッドコアCPU、1.5GB RAMなどを搭載します。本体カラーは黒と白の2種類で、端末価格は2年または3年契約の場合、実質無料(新規契約)になるとのことです。

ソフトバンクモバイルは、法人向けにはAndroidタブレット「MediaPad 10 Link+ 402HW」を取り扱っていますが、個人向けにAndroidタブレットを扱うのは初めてです。また、過去にサムスン製のフィーチャーフォンやWindows Mobile「X01SC」などは取り扱っているものの、「Galaxy」ブランドを取り扱うのも初めてとなります。

同社は「Xperia Z3」を発売するなど端末ラインナップを拡充していますが、日本経済新聞は現時点でGalaxyスマートフォンを発売する予定はないと報じています。

※端末画像とスペックは米サムスンのウェブサイトより。

※追記:ソフトバンクから正式発表されました。
スマホとセットなら1年間実質無料、ソフトバンクが「GALAXY Tab4」を12月19日発売 | オクトバ

関連情報

ソフトバンク、サムスン製タブレット発売:日本経済新聞
ソフトバンク初のAndroidタブレット「MediaPad 10 Link+ 402HW」法人向けに発売 | オクトバ
ソフトバンク、「Xperia Z3」発売を発表!気になるロゴは…? | オクトバ







関連記事




タグ: , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る