Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

ツール

pl.poveu.pixelbatterysaver_00

スマートフォンのバッテリー節約といえば、画面の明るさを抑える、Bluetoothや同期をOFFにする、などといった方法がありますが、画面の一部を消すことで、バッテリーを節約するアプリ『Pixel Battery Saver』をご紹介します。


Pixel Battery Saver
価格:無料

画面の一部を消す

pl.poveu.pixelbatterysaver_05

仕組みとしては、スマートフォンのディスプレイの一部にマスクを掛け、ピクセル単位で黒にすることでバッテリーを節約します。ただしこれはGalaxy S4などAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載した端末で効果が出ます。(有機ELディスプレイは黒だと電力をあまり消費しません。)

上のスクリーンショットは、アプリをOFFにした状態と、ON(Medium)にした状態です。

効果はLowestからHighestまでの7段階、水平や垂直模様にも設定できます。

pl.poveu.pixelbatterysaver_01-2
クリックで画像拡大します

MediumとHighestにしたスクリーンショットを並べてみました。パッと見、Highestは画面全体が真っ黒に見えますが、実際はこれほど見づらくありません。

画像をクリックすると等倍のスクリーンショットが表示され、その違いもよく分かると思います。

pl.poveu.pixelbatterysaver_02-2
クリックで画像拡大します

水平や垂直模様はそれぞれ4段階で調節できます。こちらも画像をクリックすると等倍のスクリーンショットが表示されます。

違いはどれくらい?試してみた

pl.poveu.pixelbatterysaver_03

このアプリを使えばどれくらい効果が出るのか、実際に試してみました。

アプリをOFFにした状態と、一番効果が期待できる「Highest」にした状態で、それぞれ1時間、画面を強制点灯させました。操作は何も行わず、バックグラウンドで動いている通信を切ったりもしていません。
使用するのはAMOLED(有機EL)端末のGALAXY S4(SC-04E)です。

  • アプリOFF(通常の状態):100% → 71%(29%)
  • アプリON(Highest):71% → 49%(22%)

結果は7%の差となりました。

この7%をどう見るか、判断は難しいところですが、もう少し差が出てもいいのかなと感じました。

pl.poveu.pixelbatterysaver_04

グラフを拡大してみましたが、7%ほどだと急激な差は感じられません。

今回の実験では7%の差でしたが、インストールしているアプリの数など端末の状態によっても異なりますので、気になる方は試していただきたいと思います。
他のバッテリー節約設定と併用すればより効果も得られそうです。

ここからは余談ですが…、最近バッテリーの減りが速いとは感じていましたが、1時間で29%もバッテリーを消費してしまうという結果も少しショッキングでしたので、アプリの整理から始めようと思います。





Pixel Battery Saver
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Pixel Battery Saver
価格 無料
対応OSAndroid 4.0 以上
バージョン 2.0.1
デベロッパー名 Poveu
レビュー日 2014/12/16


関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る